お知らせ

受験・テスト前に大切なこと

受験も学年末テストも、

どんどん近づいてきていますね。 
 

 


のんびり構えていると、あっという間に時は過ぎていきます。 
  

 

 
私たち講師は、一緒に戦う気満々です。 

 


 

どうしたら学校のテストで

点数を取れるか、

成績が伸びるか、

実力がつくか、

日々考えています。 
 

 

しかし、生徒のみなさんが体調を崩してしまっては元も子もありません。 
 
 

 

まだ新型コロナウイルスも収束しておらず、元々この時期は、風邪やインフルエンザにもかかりやすい時期です。 
 

 

毎日の自学自習も欠かせませんが、それと同時に体調管理もとても大切です。 

 

規則正しい生活をしていますか?  

 

しっかり食べて、 

しっかり睡眠をとる。 

 

 

本番で実力をだせるかどうかも、体の調子で左右されます。 

 

 

深夜まで勉強するのではなく、毎日勉強することが大切です。 

 

その方が結局効率もよく、学習した内容も忘れにくく定着しやすいのです。 

 


 
この季節、大切な受験や学年末テストのためにも、しっかりと体調を整えてください。

行動は言葉よりものを言う

Actions speak louder than words.

 

これは、英語のことわざです。
「行動は言葉よりものを言う」

 

「行動は言葉より雄弁」とも訳されます。

 

 

ことわざや、昔から言われている事には

物事の普遍的な真理や、沢山の人が納得することが語られています。

 

 

さて。

 

「次のテスト頑張ります。」

 

 

よく使われる言葉ですが、

言葉だけで終わっていませんか?

 

 

「頑張る」というのは、便利な言葉ですが具体性はありません。

 

そこを具体的に考えられるようになると良いですね。

 

 

どう頑張るのか?

 

例えば、

いつもよりゲームする時間、動画見る時間を減らして勉強にあてる。

 

問題集の繰り返す回数を増やす!

 

ぜひとも行動で示してください。 

 

実行しなければならない行動は、

人それぞれ違うと思います。

 

 

自分は、何をすればいいか。

 

普段の生活で、時間を節約できるところはないか。
強化したいところはどこなのか。

 

決めたら、言っていることを一度紙に書いて、それを毎日見て行動しているか確認してください。

 

紙に書いてみるたび、自分に問いかけてみて下さい。

 

 


言葉より行動だ、ということを。

できない理由を探すより、できる理由をさがしましょう

今年も、もう10日以上が過ぎました。 

冬休みも残り少なくなり、今週または来週から学校が始まります。 

 

冬休みは計画的に過ごせていますか? 

 

冬休みが終わると、すぐに学年末テストがあります。 
 
3学期は短くて、あっという間に終わってしまいます。 

 

残り少ない冬休み、しっかり有効活用してください。 

 

 

 

首都圏では緊急事態宣言が出されました。 

 

東京都の小池知事は 

『できない理由を探すより、できることを探せ』と 

体操の内村選手の言葉を引用していました。 

 

内村選手の発言は、東京オリンピックの開催の件で 

「どんなことがあっても諦めずに努力することを体操競技から学んだ。 

やめちゃったらそれで終わり。 

やってみることで何かが生まれることがある」と言っています。 

 

 

諦めず努力すること。 

努力を重ねてきた人の言葉は重みがありますね。 

 

 

まさしく、勉強、受験においても同じことがいえます。 

 

勉強する時間がないという 

『できない』理由を探すより 

 

どうすれば時間を確保できるのかという 

『できる』理由を探してみましょう。 

 

 

そしてできない問題を 

どうしたらできるようになるのか 

『できる』理由=『つまずいているところの発見』をしましょう。 

 

 

あすなろ学舎では冬休みを使って 

つまずいているところの発見に心がけています。 

 

この発見が、のちに大きな力になります。 

2021年良い年にするために!

正月三ヶ日も終わり、あすなろ学舎も今日から2021年スタートです。 

 
お役所や会社も、今日から仕事始めという所も多いです。 
 

お正月、どのように過ごしましたか? 
今年の計画は立てましたか? 
今年の抱負はなんでしょうか? 

 

一つ、今年の目標に入れてほしいことがあります。 

 

それは、 

2021年は勉強時間の絶対量を確保する事です。 

 

実は、昨年はこれができていない塾生が多くいました。 

絶対量を確保すると、結果が驚くほど変わってきますよ。 
 
今年一年を有意義な時間にするために、必ず確保してください。 

お正月休み、受験生以外は、のんびりしてしまったかもしれません。 

 

皆さん、生活リズムの乱れを早いうちに直し、学校の宿題を終わらせてしまいましょう。 

 


 

中3生は公立高入試まであと2ヵ月をきりました。 

残りの期間、悔いなく受験にむかってほしいと思います。 

この2ヵ月頑張れるかどうかで入試当日の心も変わってきます。 

 

あすなろ学舎のスタッフ一同も、今年も全力でサポートしていきます。 

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨年はコロナ禍ということで、何事も中止や自粛で暗い年になってしまいました。

今年もコロナ禍は継続すると思いますが、少しずつ前に進んでいける年になるといいかなぁ~と思います。

2021年 あすなろ学舎は 明るく皆さんと進んでいきます。

今年もよろしくお願いします。

継続することの大切さ

冬休みに入りましたね。 
今年もあと数日。この時期は、どこでも手帳や日記帳が売られているのを目にします。 
 
日記、つけたことありますか? 

つけていますか? 

今は、日記よりもブログやSNSかもしれません。 

こちらは見る方は楽ですが、自分で発信しようとすると毎日の継続は大変です。 
 

今年、2020年のはじめに、継続してやろうと考えたことは何かありますか? 
それは続けていますか? 
 
三日坊主という言葉があるように継続するという事はとても大変なことです。物事は習慣化するまでが大変なのです。 
勉強も同じで、新しいノートが最初の数ページで終わり、という事もよくあることです。 
 

 
三日坊主という言葉とは逆に、継続は力なりということわざも存在しています。どちらの言葉もよく分かります。 

両方分かるという事は、継続すれば力になるけど、続けるのは大変。という真理だということですね。 


 
 
続けるためには、習慣化させること。 

そして、習慣になるまでは、強制力を働かせることです。 
 

 
歯磨きは、ほとんどの人が習慣化していると思います。 

歯磨きは、習慣化しているので、「歯を磨こう」と思った時。また起きた時、寝る前、食べた後など、なんの負担もなく歯を磨けますよね。 
 
それは習慣化しているからです。記憶にないくらい小さい時に、お父さんお母さん、保育園の先生や周囲の大人が、歯を磨くように習慣化するように働きかけてくれたおかげです。 
 
そんなの当たり前って思いますか? 
ですが、これが、朝起きた時、寝る前、食事の後に英単語を一つ覚えよう、と言われたらどうでしょうか? 
 
出来るかもしれない。実際にやっている人はいるかもしれない。ですが、ちょっと難しいかも…と思ってしまうかもしれません。 
 
ですがもし、それが習慣化したら、歯磨きと同じように当たり前に毎日やれたら…一年間にどれだけの単語を覚えられるか… まさに継続は力なり、です。 

毎日やっているので、さらに忘れにくくなる、という効果も期待できます。 

今まで習慣化していないことを、継続して続けるには、気力やモチベーションではなく、ある程度の強制力が必要です。 
 

自分だけで家庭学習をしようと思っても、教えてもらえないので、分からないところから進めなくなる。 

やったかどうかをチェックしてくれる人がいないので、強制力は低いです。 

誰からも怒られない。やっていないことで気まずい思いをすることがないからですね。 

学校以外の場で、しっかり勉強する場があることは良い事です。 

それが、いつしか習慣になり、習慣になると歯磨きと同じで、逆にやらないではいられなくなります。 
 
今年は、何か習慣になったことはありますか? 
来年は、何を習慣にしていきますか? 

その結果、どんな未来を実現させたいですか?

メリークリスマス!

今週はクリスマスですね。 
 
「クリスマスは今年もやってくる~♬」 
CMでも流れていますね。何のCMか分かりますか? 

毎年流れているCMですが、今年は意味深い歌詞に聞こえませんか? 
 
コロナ禍でもクリスマスはやってきます。 

今年は、何かと例年とは違う年でしたが、それでも月日は流れ、クリスマスは、やってきます。 
 
 
 
 

そして、月日が流れるという事は、確実に受験もやってくるという事です。 

 
 
例年とは違う状況でも、今年の受験生はみんな同じ条件です。残された時間もみんな同じです。言い訳はできません。 

限られた時間を有効に使っていきましょう。 
 
さてさて。今週24日、25日は、あすなろ学舎にサンタがやってきます! 

どんなサンタさんでしょうか??? 

 


 
善い行いをしてきた子には、お菓子が! 
そして人によっては大量に宿題が⁉ 

楽しみにきてください。 

一度ですべてを理解するのは難しい

あの人は勉強ができる。 

あの人は頭がいい。 

 
このように言うことは、一般的によくある事ですよね。 

いいな、あの人のように勉強が出来るようになりたいな。という気持ちになることってありますよね。 
 
 

ですが。人間の頭の構造上、中学生くらいの年齢や経験では、本来それほど差はありません。 

それなのになぜ、テストの点数で差が出てしまうのでしょうか? 


 
それは、ある一つの事が理由です。 

一度、学校で授業を受けただけで全てを覚えられるわけがない! 
 

 
 
そりゃあそうですよね。 

あなたも、一度授業を受けただけで、全てが理解でき、応用までできたらどんなに良いかと思うでしょうが、そんな訳がないというのは、経験上よく分かっていると思います。 


 
何事もそうですが、一度で全てを理解することは難しいです。 

そして、人間の脳は、物事は忘れるようにできています。 

 


 
昨日の夕食に何を食べたかは覚えていても、10日前に食べたものは、ほとんどの場合は忘れているでしょう。

その日がたまたま、誰かの誕生日や特別な日でもない限り。 

 


 
では、どうするのか。というと。それはもう繰り返しの学習です。 

 


 
反復の復習が足りていない場合は、ここは勉強したと「分かったつもり」になってしまうことがあります。 

分かったつもりと、実際にできるようになるの差は大きいものです。 

 


 
 

テストの選択問題で、これかな~と感覚的に解答して、たまたま正解だった場合など。 

分かっているつもりだと、復習に手を抜いてしまうことがあります。 

 

そのような場合、次に同じような問題が出た時に、確実に正解できるといえるでしょうか? 

勘や感覚、うろ覚えの勉強は、本番で力を発揮できません。 

 

本当に理解するまでに何度も繰り返し学習をしたかどうか。ここの差はとても大きいです。 
 


 
その場しのぎの勉強だと、少し角度を変えた問題が出た時に全く点数が取れなくなってしまいます。 


 
まずは自分で理解できたと思うまで繰り返し、その理解が正しいか、あすなろ学舎で先生に聞いてみてください。 

今まで気づかなかった方向性のアドバイスが出てくるかもしれませんよ。 

まだ間に合います。体験もできます

あすなろ学舎では、冬期講習がはじまりました。 
教室では、中3生はもうラストスパートにかかってきています。 
 
小学生と、中1・2年生は、次のテストまでに余裕があるので、一学期、二学期の復習に力を入れています。 
ここで、しっかり復習をしておくのは、今後のためにも重要です。 

冬期講習、どうしようか考えているうちに12月になってしまった。という方からも毎年ご連絡をいただいています。 

サラリと進んでしまった英語 。

納得する前に進んだ数学。 
 
 
 

今年は特に例年とは違うので、放っておくと困ったことになりかねません。 

きっと自分の中でも色々と思うことがあるのではないでしょうか。 
 


 

コロナ禍ではありますが、クリスマスやお正月など、色々なイベントもあります。冬期講習に通っている、しっかり対策をとっている安心感を持ってイベントも楽しんでください。 

体験もできますので、お気軽にご連絡ください。 

師走

明日から12月です。 
 
12月は、師走(しわす)とも言われます。 
 
この師走というのは、和風月名(わふうげつめい)という旧暦の季節に合わせた呼び名です。 

 
1月 睦月(むつき) 

2月 如月(きさらぎ) 

3月 弥生(やよい) 

4月 卯月(うづき) 

5月 皐月(さつき) 

6月 水無月(みなづき) 

7月 文月(ふみづき) 

8月 葉月(はづき) 

9月 長月(ながつき) 

10月 神無月(かんなづき) 

11月 霜月(しもつき) 

12月 師走(しわす) 

これ全部、知ってますか?覚えてますか? 

それぞれにちゃんと意味があります。 

カレンダーに表記されているものもありますが、日常的には使わなくなりましたね。 
 

それでも、師走だけはテレビの報道や、日常でも使う機会、 

耳にする機会が多いと思います。 
 
「師走の街並みを中継しています」 

「師走だから忙しくて…」 

というような事を聞いたことはありますか? 
 
師走という意味は、平安時代にはすでに、師匠でも忙しくて走りまわる月、僧侶が仏事で走り回るなど諸説言われていましたが、語源はどうあれ、年末の慌ただしさには変わりないようですね。 



 

ところで… 

周囲の人が急いでいたり、慌てていると、自分まで気忙しくなることはありませんか? 
つられて焦ってしまう。 
 
急いでいる時は、アクシデントが起きやすくなる。普段はしないようなミスをしてしまうものです。 

慌てているなと思った時は、一度深呼吸をして、心を広く持ち、落ち着いて行動しましょう。