お知らせ

まずは自分で考えてやってみる

10月も中旬をすぎて、学校の内容も少しずつレベルアップしてきています。 
 
 
 

教室でよく見かける光景ですが、  

わからないところがあるとすぐに 

「先生~わかんなーい」って 

言ってしまう子が多いです。  

もちろん塾なので聞いていいのです。 

テクニックや技もあります。 
 
 
 
ですが、聞く前にポイントがあります。 

 

 

 
 
それは聞く前に、自分で考えたかどうか?です。 

 

 

今までに見たことがない問題が出てきたとき。  

 

「あ。この問題、初めて。聞いたら教えてくれる」 

という思考になっていませんか? 

 


 
初めての問題でも、今までにやってきたことを組み合わせることで解けます。 
基本的にそういう風にできています。 

まずは、しっかり問題を読んで、何を聞かれているのか理解する。 

今までに習ったことで、解けないか考える。  


 

学習してきたことの内容や、ちょっとした視点の違いで解けるものがほとんどです。 
  


そして実際に解いてみて、正解ならその考え方、解き方が合っていた、ということですが、 

間違っている事も多々あります。 
 

はじめは、間違うものだと考えておいたほうがストレスが少なくて済みます。 
 

何故間違えたかを考えます。 

考え方のチェック。過程のチェック。 

そもそも問題の意図しているところを分かっているか? 

解き直してみて、考える。 
 
 

必要なら、教科書や参考書に戻って考える。 

でもやっぱり、間違えている。 
 
そこではじめて「先生、分かんな~い!」です。 

そして、そこまで自分で考えておくと、教えてもらった時に 
「そうだったんだ!」 

「そこか!」 

「なるほど!」と一気に腑に落ちて 

その問題の理解が深まり 

記憶がしっかりと定着します。 

 

 


 

聞くことに慣れている子にとっては、 

え~。塾なんだから教えてよ~。 

と思うかもしれませんね。 
 
そこで、ちょっと考えてみてほしいのですが。 

 


 
 
実際にテスト、試験の時には先生に聞くことはできませんよね? 

その時に、自分で考えて答えを出す、という練習をしておかないと、頭の回転がストップしてしまいます。 
 
 
 
 

その時に初めて考えようと思っても、考える練習をしていないので、考えられないのです。 
 
はい。考えるのも練習です。

 

どの方法が正しいのか?他に解き方はないのか?視点を変えて考えてみる。

今までにない要素を足してみる。この試行錯誤が、とても大事です。 

この試行錯誤は、トライ&エラーを繰り返す練習です。 
 
 

 


 

勉強以外の事。 
習いごと、上手くなりたいこと、 
行事や委員会の仕事をどうやって進めるか? 
 

大げさに聞こえるかもしれませんが、 

人との関係や、大人になってからの仕事も 

このトライ&エラーの繰り返しです。 
 
 
 
 
あすなろ学舎では、 

学力向上とともに、自分で考え行動できる力を養い、 

将来、社会の中で、自分自身で物事を考え、決断し、行動する力もはぐくんでいます。 
 
慣れるまでは、もしかしたら大変と感じるかもしれませんが、 
そこは、先生方もしっかり見守っていますので、安心してください。 
 
 

シンプルに考えてみよう

秋晴れの気持ちよい日が続きますね。 

10月に入り、少しずつ秋になってきました。 

 


 

秋は、勉強の秋、読書の秋、 

芸術の秋、食欲の秋など 

いろいろなことをするのに 

適している季節です。 

 

勉強も今月末から来月にかけて 

定期試験など重要イベントが 

盛りだくさんです。 

 

あれもこれもやらなければならない。 
時間が足りない。 

勉強以外でも忙しい。 

勉強しようと思っていたけど 

ついスマホを手に取ってしまった。 

 


 
テストの結果、成績、内申点 
不安や心配が色々あって、逆に勉強が手につかない。 

 

もう少しでテストなのに… 

 


 
この教科をやっているけど、 
先に苦手な方を始めれば良かったかな。 

でもあっちは時間がかかるから。 

 

 
色々考えると、そのどれもが気になってしまい、 

気持ちが散漫になって逆に何もできなくなる、という事はよくある事です。 

 

こういう時に 

少し冷静になってほしいことがあります。  

 

 

それは物事をシンプルに考えてみたら 

意外と答えは近くにあるということです。 

 

 
 
今、自分がやらなければならないことに集中する。 

 

 


 
先々への心配もあるでしょう。 

ですがそれは、やるべきことに集中することで減らせます。 

 

やる事をやっていないと不安になります。 

 

色々と心配なことも多いかもしれません。 

 

勉強の内容も、だんだん難しく複雑になってきていると 

実感している人も多いと思います。 

 

そういう時こそ、シンプルに考えてみてはいかがでしょうか? 

 

今の自分に一番必要なことは何かを考える。 

 

 
それ以外の事は、やらないと決める。 

もしくは、今は減らす。 

 

 

勉強の内容としても、 

どの教科も、まずは基礎や基本からです。 

 


 

そして身に付けるためには繰り返しです。 

 

シンプルに考え。 

必要な事だけをやる。 

 

 


 
ぜひ実りの多い秋にしていきましょう。

「それでいいのですか?」

知っているでしょうか? 

「それでいいのですか?」というタイトルの歌を。

より子さんという方が歌っています。 

  


厳しくも自分に問いかけることができる歌です。 

 

 

この歌詞… 

きっと心に刺さる言葉は人それぞれ違うのだと思います。 

 

 

 

今、夏休みも終わり涼しくなってきて。 

ちょっとダラダラしてきていますね。 

 

学校行事がないので、余計にメリハリがなくなっているのかもしれません。

 

 

宿題をやってこない。 

集中が続かない。 

そんな中だるみの時期、この歌を聞いてみてください。 

 

それでいいのですか?と何度も何度も問いかけられます。 

 

 

疲れている日もある。 

上手くいかない日もある。 

つまづく時もある。 

 

そんな中で勉強だけでなく、生き方や在り方も問いかけてきます。 

 

 

 

“それでいいのかい?物事から逃げるより 

それでいいのですか?自分から逃げるなよ 

それでいい訳ないコレがそのすべての結果 

ああ、そこで人のせいに?最低な人ですね” 

 

“ 物事から逃げるより 自分から逃げるなよ 

気が付いたなら すぐやり直せ何度でも 

弱さも汚さも受け入れて丸々愛せよ 

自分を変えるのは私じゃないアンタ自身さ” 

 

 

動きが取れなくなっている時。 

答えが出なくて自問自答している時。 

 

その時々の最適解をだしていても、 

この歌を聞くと冷静に自分を客観視できます。  

 

ぜひとも、一度、聞いてみてください。 

 

 

その時々の状況によって。年齢によって。 

気付くことは違うと思います。 

新しいことに対応できるチカラ

コロナの影響で、新しい生活様式に変化してきています。

 

 

非対面・非接触など様々なところで、

今までと違った文化になりつつあり、

数年後にはグローバルスタンダードになっていくと思われます。 

 

 

2月に、全国に先駆けて北海道が緊急事態宣言。 

学校が休校。 

 

いつまで続くのか。どうなるのか。 

全く見えないままでした。 

 

その中で、大人も右往左往し、模索し、 

状況に応じて最善を尽くそうとしていた様子を、 

みなさんも身近にみていたと思います。 

 

 

これからの時代は、予測不可能な時代と言われています。 

 

新型コロナウイルスのような、 

誰もが予測しなかったようなことはもとより。 

 

テクノロジーの急速な変化による、 

仕事や社会の変化、気候の変動。 

 

今まで通りのことをするだけではなく、 

常に先をみる力、 

新しいことに対応する力、 

柔軟性が 

必要になってきます。 

 

今までの常識が通じなくなる、 

新しい常識に移り変わり、確立する。 

 

その中で必要なのは、新しいことに対応する力です。 

 

新しいことに対応するためには、 

起こったことを 

観察して、 

状況を理解して、 

決めて、 

動くことが必要です。 

 

 

これを繰り返すことを 

 OODAループ(ウーダループ)といいます。

 

 

決めるためには、何が起きているのか、 

観察し理解しなければいけないのですね。 

 

 
 
理解したら、今後どうなるか予測する、

仮説を立てる必要もあります。 

 

 

何か起きた時は、まずは知ること、観察すること。 

そうすると、次の一手がおのずと見えてきます。 

 

 

今までにない力も求められる時代になってきますが、 

小中学生の今のうちから、 

まずは、冷静に観察、 

状況を理解するところから始めてみてください。 

学力テストAを終えて…大切なこと

学力テストAが終わりましたね。 

 

 

 

予想以上に点数が取れていた人。

反対に予想より取れていなくて、ちょっと焦っている人。 

様々なケースがあると思います。 

 

 

あ~あ。なんか得点が一気に上がる魔法はないかな~なんて考える人もいるでしょう。 

 

でも、この時期の皆さんに共通して言えること、それは「基本は完璧ですか?」ということ。 

 

基本っていうのは、実はとても大切なのです。 
英語の単語。国語の漢字。算数の計算、などなど。 
 

 


 
基本というと、 

ああ~。やだやだ。聞きたくない。 

つまんない。やりたくない。できればやらずに過ごしたい。 

と思う人も多いのではないでしょうか? 

 

 

基本が大切って、よく聞く話でしょうし、知らなかった!という人はほぼいないと思います。

 

 
です何故、こんなに何度も何度も、耳にタコができるくらい言われ続けなければならないのでしょうか? 

 


 
それは知っていても、おろそかにしている、または十分ではないことがあるからです。 
 
 

 

 

だって…もったいなくないですか? 
 
 

 

 

ちょっとしたケアレスミス。 

この単語さえわかっていたら。 

漢字のミスで減点された…。 

 

そんな経験、誰でもあると思います。 

 

だけど、これって本当にもったいない! 

 

分かっていたのに。 

本当は出来るのに。 

だけど、 

最終的に点数はこれくらいで、内申点が…。 

 

 

もったいないです。悔しいです。 

 

 

運動部であれば、ランニング、筋トレなど直接関係なさそうに見えるけど、体力づくりにはとても大切になってきますよね? 

 

そしてこれは、一回や二回やったからといって、すぐに体力や筋肉になるわけではない。継続が大切なのです。 

 

面倒くさい、という気持ちも分かります。 

 

ですが、これをやる事によって思った以上に効果があります。 

基本が出来ていないと、上に積みあがっていくものが不安定になってしまうからです。 

 

 


 
今一度、基本を見直してみて、そこに取り組んでみて下さい。 

Pay attention

私、浅川が好きなものに 

「天使にラブソングをⅡ」という映画があります。 

 

1993年のアメリカ英語で、

偽物の修道女が 

高校に先生として赴任する話です。  

 

 

修道女というと 神に仕える規律に厳しい中で生きる人というイメージかもしれませんが、

主人公のデロリスはギャングの愛人だった過去があり、ラスベガスのステージで歌うショーガールです。 

 

この高校の生徒達が荒れていて、 

音楽の先生として赴任したデロリスも、 

あまりの反抗ぶりに、 

手を焼いて投げ出すところでしたが、 

 

この学校が閉鎖の危機にあると知り、 

状況を打開するために動き出します。 

 

 

 

 

その中で、 反抗的な態度の生徒の一人に、

実は、自分の行きたい道があるのに 

家の事情もあってそこに向けて努力をしようとしない生徒がいます。 

 

その生徒に、デロリスがかける言葉です。 

 

pay attention という曲になっています。 

“If you wanna be somebody 

If you wanna go somewhere 

You better wake up and pay attention  

When the time is now or never  

To make your dreams come true  

You gotta wake up and pay attention ”

 

“もしあなたが偉い人になりたいなら  

もしあなたがどこかへ旅立ちたいなら  

さあ、目を覚まして考えなさい!  

今というチャンス、逃したらもう後はない!  

あなたの夢を叶えたいなら  ”

 

 

他にもいろいろな訳があります。 

 

 

 

高校のその先の、大学のその先の 

生き生きと働く自分を想像して、 

なりたいものがあるなら  

今、目を覚ましてやらなければならないことを 

考えなければなりません。

 

 

 

それは全学年考えてもいいことだと思います。 

 

 

目標は見据えたら近づいていくために前に進むだけですから 

いろんなものを見て 聞いて 感じて  

未来を見据えて前に進みましょう! 

自分を褒めてあげてください

テストが終わって、ホッとしている子も多いあすなろ学舎の子供たち。 

ですがここのところ、体調を崩す子も出てきています。 

テスト疲れでしょうか…? 

お疲れ様です。 

テストの点数が思うようにいかなかった。逆に思ったより良かったという人もいるのではないでしょうか。 

テストの結果をみて反省をするのは良いですが、思うようにいかなかった時も、自分を責めることなく、自分がテストに向けて頑張ったことを褒めてあげてください。 

自分を褒めるというのは、もしかしたら人によっては慣れていない場合もあるかもしれません。 

褒めるよりむしろ、あそこが悪かったと自分を責めることが多い場合もあります。 

テストの場合だと、あの時もっと勉強していれば。この問題やっていたから出来たはずなのに詰めが甘かった。ど忘れした。ケアレスミスをした。時間が足りなかった…と考えはじめればきりがないかもしれません。 

ですが、コロナで思うような学校生活を送れていない。季節感も行事もあやふやな中で、自分なりに努力したことは、ちゃんと身についています。 

短期的な成果・結果に結びついていないように見えても、やったことは力になっています。自分がどれだけ頑張ったかは、自分が一番よく分かっています。 
  
私たちスタッフも見守っています。 

今、テストの結果が良くても悪くても、自分をほめてください。 
褒めることによって、頑張った自分を認めてあげることによって、次につながるエネルギーが湧いてきますよ。  

志望校判定どのくらい信用できる?

道コンを受験されたみなさん。 

お疲れさまでした! 

  

 

そろそろ個人成績表が届いたころかと思います。 

 

その個人成績表。 

まず気になるのは各科目の得点。 

そして、合格判定率ではないでしょうか? 

 

 

・・・どうでしたか? 

 

大満足の結果。 

落ち込む結果。 

まずまずの結果。 

 

もちろん気になる事ですし、大切な事です。 

 

 

ですがもっと大切なことがあります。 

 


 
それは、今回受けた道コンの復習です。 

 

解答できたところ、できなかったところ。 

正解だと思っていたのに不正解だったところ。 

途中式まであっていた。 

さっぱり分からなくて投げ出した問題。 

 

そこには現時点でのリアルなところが 

しっかり出ています。

 

 

 

それは、伸びしろに他なりません。 

 

合格判定率も、あくまでも現時点での判定です。 

 

復習と、今後の対策によって大きく変わってきます。 

 

 

 

あすなろ学舎では、 

一人一人の得意や苦手、進捗具合に合わせて、 

それぞれに必要な復習を繰り返し、 

しっかりした土台を築き、次の目標に向けて進んでいきます。 

 

特に中3生は、これからテストが増えてしまって悩む時期に入ってくると思います。 

 

受験やテストへの対策。 

コロナの影響での勉強の心配。 

 

 

入塾相談は随時承っています。 

まずは、あなたのお悩みや目標を聞かせてください。 

 

お問合せ・面談相談は 

011-299-6224 


までご連絡ください。 

今を未来に投資する

面倒くさいな。 

どうして今、勉強をしなきゃいけないんだろう? 

  

 
 

ゲームしたい。 

マンガ読みたい。 

友達と遊びたい。 

YouTubeライブ見たい。 

部活で疲れているのに。 

 

イライラしますよね。 

 


 

色々やりたい事がある、それも大事です。 

今しかできない事がある、それも分かります。 

 

 

ですが勉強というのは、未来の、先の自分への投資です。 

 

次の定期テストで良い結果を得るために。 

望む志望校に入れるように。 

 

そして、 
 

将来、まだ自分が描くこともできない漠然としたイメージしかない、

大人になった時に。 

 

 

その時になってから。 

「あの時、自分、頑張ったよな」 

「あの時の自分があったから、今の自分がある」 

そう思える時が必ず来ます。 

 

 

それは勉強を頑張ったかどうかもですが、 

根気強く取り組み続けることや 

誘惑に負けずに、やることに向き合う姿勢なども 

 

「あの時に出来るようになったんだな~」と 

未来の自分が思い返すことでしょう。
 

 

 

今やっていることは、全て未来の自分への投資です。 

 

 

将来の自分が 

「今この幸せな自分があるのは、あの時の自分が頑張ってくれたからだ」と感謝してくれるように。 

 

目の前の誘惑に負けずに、 

しっかり頑張っていきましょう!  

 

憧れの先輩になってほしい!

こんにちは
発寒の学習塾 あすなろ学舎の事務スタッフです。

 

今年の夏休みは変則的ですね。
中三、小六の午前授業からなど、
徐々に本格的に2学期が始まります。

 

夏休みの間に、普段と違うところの一つは、
あすなろ学舎教室で、小学生と中学生が
一緒になることが多い事でしょうか。

 

いつも小学生しかいない時間がほとんどで、
大きいお兄さん、お姉さんと会う機会は
ほとんどありません。

  

今は、コロナの影響もあり、
あすなろ学舎では、今回の夏期講習では時間を分けていません。

 

自分とは違う学年。

 

小学生の時は中学生が、
中学生から見たら、高校生が、
高校生から見たら、大学生が、

 

自分とは全く違って、
なんでも出来そうな大人にみえませんか?

 

今のあなたも、その下の学年の子たちから見ると
そんな風にみえています。

 

それは、大きな特別なことではなくて、

ただ、当たり前に黙々と勉強をする姿や

 


ちょっとした教室での言動や振る舞いに
上の学年への違いを感じて
憧れるのですよね。

 

その憧れは、
自分もこうなりたい、
学年が上がったら、こうなれると良いなという気持ちを生みます。

 

なんとなく過ごしている、
上級生のみなさん。
下の学年から見られています!

 

いつも憧れられる先輩でいるために
静かに黙々と勉強に打ち込む姿をみせて
誇れられる先輩でいてくださいね!