お知らせ

イメージする力

こんにちは!

発寒の学習塾、あすなろ学舎の事務スタッフです。

 

YouTubeなどの動画やテレビ、好きですか?

ついつい見ちゃいますよね。

 

そして、見始めてしまうと

いつの間にか時間が経ってしまいますよね。

 

大人でも同じなので、その気持ちはよく分かります。

 

 

では、動画…例えば小説を元に映画化されたものと、

元の小説を読むことの違いは何だと思いますか?

 

いくつもの違いがあるのですが、

その一つに、受動的にただ受け取るのと、

能動的に読まなければ進まない点があります。

 

 

映画なら、観ているだけの状態ですが、

読む方は、自分の目で文章を追う。

 

そしてどのような様子なのか、

どんな状況なのかを 常に考えて読み進めなければなりません。

 

どちらが楽か、というと観るだけの方が楽です。

 

ですが、この読むことの中に含まれている、

状況を考える、

どんな様子なのかを想像する力は、

とても大きな力です。

 

 

登場人物がいる場所はどんなところなのか?

どんな洋服なのか?

どのような表情なのか?

どんな気持ちなのか?

 

もちろん、書いてある部分もありますが、

それを具体的に形にし、

色を想像し、

イキイキと頭の中で動かす。

 

 

「田舎のさびれた駅」という文章があったとして、

どれくらいの田舎なのか?

駅の建物の様子はどんな風か、

草木の生い茂っている感じはどんな感じか。

 

想像の中では誰一人同じものはありません。

 

これは、映画なら全く必要のない工程です。

 

画面の中にある背景は、分かりやすいけど想像の余地はなく、

洋服も表情も一つに決まっています。

 

どちらが良いというものではなく、 それぞれに良さがあります。

 

ですが、この読む力。

読んで想像する力、イメージする力というのは、

実は、人それぞれ力の差というものが存在します。

 

知らない意味の単語は全くイメージできないのと同じです。

 

このイメージする力が、国語だけでなく

他の教科の成績にも大きく関係してきます。

 

例えば、算数、数学の文章題。

図形の問題だったとして、 頭の中でその図形をイメージして、

立体的に動かしてという作業が出来なければ、 解くことはできません。

 

他の教科でもそうです。

 

ただ、この力はすぐにできるようになるものでも、

何かで測れるものでもありません。

 

なので…  

普段から、読書しましょう。

 

読んでいて、その情景が頭に浮かびますか?

 

始めは、興味のある本、

簡単に読める本から 楽しく読んでみてください。

 

楽しく読んでいるうちに自然と力が養われます

今年は例年と違う!

こんにちは! 

発寒の学習塾、あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

7月になって、夏らしく暑くなったと思ったら 

それほど気温の高くない日もありますね。  

 

夏の連日暑い時はもちろんですが、 

急に気温が上がって気を付けなければならないのは熱中症です。 

 

 

そして、今年は例年と違う所があります。 

 

 
 
何かというと、マスクです。 

 

マスクをしていて「暑い!」と感じていると思いますが、 

これがさらに熱中症のリスクを増加させています。 

 

熱中症になってしまう要因は3つあり、 

その3つとは、環境。体。行動です。 

 

 
環境というのは、気温が高い、湿度が高い、風のない室内など。 

 

体というのは、汗が出ない、栄養不足、寝不足など。  

 

行動というのは、慣れない運動や、水分補給できないなどです。 

 

これらの要因がからまって、体内に熱がたまり、体内温度が上昇し熱中症になってしまいます。 

 

 

風のない室内なども気を付けなければなりません。 
また、今年は例年と違うマスク。 

 

これによって、感覚として暑いと感じていなくても 

マスク内の湿度は上がるので要注意です。 

 


 

暑いと思っていなくでも、直射日光の当たらない室内でも 

こまめに水分を取ってください。 

 


 
あすなろ学舎では、お水を用意して水分補給を促しています。 

 

大丈夫、と思っていても入室時や帰りの際、そして合間に 

お水を飲んでくださいね。 

夏期講習が始まりました!

こんにちは! 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 
 

7月ですね! 

暑くなりましたね! 

 

さて。あすなろ学舎では、夏期講習が始まりました。

 

 

7月になった途端、夏期講習のお問い合わせが入っています。 

早い人は、もう、すぐに動いていますね! 

 


 
それもそのはずです。

今年は2ヶ月も学校がお休みになってしまい、 

勉強の初動は遅れたのに、当然ながらカリキュラムは同じ。 

 

学校ではスピードを上げて、次へ次へと進んでしまっています。  

 

そのスピードに遅れないように。 

置いてけぼりにならないように。 

 

みんな頑張っています。 

 

 

 


 
学校によっては、期末テストが夏休み明けという所もあります。 

 

想像してみてください。 

短くなったとはいえ、楽しい夏休み。 

 

夏休みをエンジョイして、学校が始まった日に期末テスト… 

 

それに一人で準備して、万全の態勢で臨めるでしょうか? 

 

 

 

あすなろ学舎では、今からその日を目指して、 

いつもと違う夏の準備を始めています。 

 

いつもすぐに定員になってしまいますが、 

今年も例年以上に早いかもしれません。 

 

大変な時でも、成績を伸ばしたい方。 

状況が変わったことを言い訳にしたくない方。 

 

お早めにお問い合わせください。 

電話 011-299-6224 

夢は必ず叶うってご存じですか?

こんにちは 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

夢は叶う。 

 

こういう事をいうと 

「え~。そんな訳ないじゃない」 

「いや、全然思い通りになってないし」 

「簡単に叶うなら苦労しないよ」 

なんて反論がありそうですが。 

 

 
 
ここで言っているのは「夢」です。 

短期の目標ではありません。 

 

まず質問です。  

 

短期の目標は、なぜ設定するのでしょうか?  

その多くは、目的を達成するためですよね。 

 

では、目的って何でしょうか? 

 

目的を達成すると、願っていること、 

こうなればいいなと思っていることが実現する。 

 

つまり、叶えたい夢の状態になるために設定するもの。 

 

 

 

 

頑張ったのに。すごく頑張ったのに目標が達成できなかった。 

落ち込みます。 

悲しくなります。 

無力さを感じます。 

 

現実的に、時間の締め切りのある目標は、 

どうしても達成できないことはあります。 

 

ですが、その目標は目的達成のための最短の道だったかもしれませんが、 

唯一の道ではないかもしれません。 

 

または、時間的に達成できなかったけど、 

それを1か月後にクリアすれば目的達成には問題ないかもしれません。 

 

そして。 
頑張った分、間違いなく夢に近づいています。 

 

 

ハッキリした目的ではなくても、 

人は「こうなりたい」と思っていることに対しては、 

無意識に、脳が勝手にその情報を取り入れ、 

そこに向かうような行動をしています。 

 

なので、自然と夢に近づき、いつか、叶うようになっているのです。 

 

具体的な目標や目的は達成できなかったとしても 

その先にある夢は思ってもいない形で叶う、という事もよくあります。 

 

 

人は必ず成長します。 

そして、思い描いている夢は叶います。 

 

小さい枠にとらわれず、大きい夢を描いてください。 

重ねて比べてみる

こんばんは。 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

 

こちらの地図をご覧ください。 

日本とヨーロッパを重ねてみたものです。 

 

どんな印象を持つでしょうか? 

 

 

 

日本ってやっぱり小さいんだ。 

意外と大きいんじゃん。 

 

真逆の意見が聞けそうですね。 

 

正解があるようなものではないので、どんな感想を持つかは人それぞれです。

 

 

ですが、小さいと感じた人も、大きいと感じた人も 

事実を知ることによって、理解できることも増えますよね。 

 

 

 

12月に大通公園で毎年催されるミュンヘンクリスマス市には

行ったことがありますか? 

 

ドイツのミュンヘン市と札幌市は、姉妹都市なのです。 

 

1972年に共にオリンピックの開催地だったことや、緯度が近いこと、

ビールの街など共通点が多く、交流が盛んになりました。 

 

クリスマス市の他にもミュンヘン大橋などあるのはご存じでしょうか? 

 

 

札幌の緯度は北緯43度です。 

ドリカムの歌で「北緯43度」という曲はご存じですか? 

関係ないですね… 

 

当時、この曲で札幌の緯度を覚えたという人も多かったのですが。 

 

ともあれ、札幌は北緯43度です。 

 

北海道は、稚内は北緯45度。函館は北緯41度なので、 

この間の緯度にある都市は、似たような位置にあるという事になります。 

 

北緯45度の稚内とほぼ同じ緯度なのは、ミラノやベネツィア。

北緯43度の札幌は、イタリアのフィレンツェやマルセイユ。

北緯41度の函館とほぼ同じ緯度なのは、ローマやバルセロナ。

そして、西日本はすっかりアフリカですね。

 

日本は日本。ヨーロッパはヨーロッパと、 

別々のカテゴリーになっている事も多いと思います。 

 

ですが、重ねてみることによって発見することもありますね。 

 

事実を知るという事は、発見と共に 

物事を正確に判断していく事にもつながっていきます。 

 

 

ちょっとの知識が、ちょっとの日々の発見が、ちょっとの努力が

積み重なると大きいものになってくるのです。

卒業生からの応援


今年の3月に卒業した生徒が、制服姿を見せに来てくれました! 

しかも、差し入れをもって!! 

 

「私たちもしてもらってきたから、後輩のみんなに『がんばって』って伝えてください」と!!! 

 

みんなには、先輩たちからの差し入れだから、

お家に帰って、うがい手洗いしてから食べてねと伝えてお渡ししました。 

 

 

去年の受験生は、本当に今年の受験生のことを気にかけてくれています。

  

 

やっと学校が始まりましたが、今、勉強しているのは本来なら4月にとうに終わっていることです。

 

6月なら、本当はもっと先まで進んでいます。 

 

それを補うために夏休みが短縮になりました。 

 

でも、それって、1・2年の復習をする時間がないということ。 

 

新しいことが入ってこない夏休み1ヶ月で、

いままでは遅れを取り戻していました。 

 

その1ヶ月がないということは、

新しいことを勉強しながら、古いことも学習しなおす、そんな予定組が必要ということです。 

 

 

なので、あすなろではそのことを常に受験生に話して聞かせ、意識づけをしています。 

 

自然と身についていた力

こんにちは! 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

大好きなこと、楽しいことは、 

誰に言われなくても、のめり込みますよね? 

 


 
妖怪やモンスターの辞典や図鑑。 

好きなアイドルのこと。 

 

特に、小学生の男の子たちは、妖怪やモンスターの事は熱心に図鑑を読み込んで夢中になったり、

友達同士で熱く語って話が止まらない。 

 

実際にそんな経験があったり、

周囲にそういう子がいたりしませんでしたか? 

 

 

 
小学校低学年の時に、そっちばっかり熱心だった子が、

高学年になってきたある日。 

 

分からない問題にぶち当たった時に、

自分から教科書を読み返して調べて解いていたそうです。 

 

 

好きな事でとことん調べる、という事に慣れていると、

大きくなってからも「分からない事は調べる」という事が

自然とできるようになっているのですね! 

 

さらに! 

大好きな妖怪やモンスターの辞典や図鑑を、

何度も何度も読み込むことによって、

 

前は見逃していたことに後から気付く事がある。

知ってから見ると更に良く理解できる。という事を

無意識のうちに沢山経験していたのでしょうね。 

 

 


 
なので、分からない事は、教科書を読み返して調べて解く。という行動が

自然に出来るようになっていた… 

 

ちょっと感動しませんか? 

 

 

 

大人になると、ついつい、またゲームの話か。

またアニメの話か…となってしまうのですが、

これからは、とことん調べたくなるために。

いつか大きくなった時のために、しっかり耳を傾けていきます。 

そろそろ・・・

みなさん、こんばんは!
発寒の学習塾、あすなろ学舎です。
 

長い長い自粛期間を経て、

やっと学校が始まりましたね!

 

そして札幌は週明けから気温が上がり、夏のような暑さに!

 

ステイホーム期間の運動不足
そして、
昼夜逆転。

 


体内時計がくるっている。
 

みなさんも、実感しているのではないですか?
 

自覚があってもなくても、
生活リズムが変わるのは、
知らないうちに体が疲れるものです。

 

元気であっても、いつもより早く布団に入って休むこと。
 

お水をこまめに飲んで水分補給をすること。
 

取り入れてみてくださいね!

認知症予防で学力向上⁈

こんばんは!

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

テレビで認知症予防の脳トレを放送していました。 

 

その内容は、1~120までの数を、時間を計って

なるべく早く言う、というトレーニング。 

 

より早く言えるようにする、というトレーニングが 

脳の情報処理速度を上げるそうです。 

 

 

計算問題でも、時間を計って問題を解くようにすると、 

ダラダラやるより効果が高いと感じている人も多いでしょうが、 

ちゃんと根拠がある話なんですね。 

 

実際、教室でも100マス計算を取り入れていますが、 

その速度が上がると、なぜか国語が伸びる。という事実があります。 

 

これは、あすなろ学舎だけの話ではなく、 

教育にたずわさっている人の間でも良く聞かれる話です。 

 

 

「地頭」という言葉は使いますか? 
「地頭がいい」というと、基本となる能力が高いことを指しますが、 

決して生まれついてのものでは、ないそうです。 

 

脳の回転速度を上げるトレーニングと、 

容量を大きくするトレーニングで鍛えられます。 

 

さらにこれは、思春期から大学生くらいまでの間に成長するそうです。 

 

 

早く読んで、脳の回転速度を上げる。 

100マス計算で、脳の回転速度を上げる。 

脳科学的に証明されているなんてすごいですね! 

 

また、転移学習というものがあるそうです。 

 

転移というと、癌のイメージですが… 

手術したけど転移していた。なんて言いますね。 

 

転移は、悪いものばかりではなく、何かが他のところに移ることです。 

 

学習の転移とは、脳の回転速度を上げるトレーニングで 

特に起こりやすいそうですよ。 

 

回転速度を上げる学習なのに、 

そこから、記憶力、抑制力。そして注意力まで上がる、 

学習効果が上がる転移です。 

 

 

 

100マス計算をすると、「なぜか国語が上がる!」と言われているのには、 

実際に根拠のある話だったなんてすごいですよね! 

 

100マス計算もそうですが、普段の勉強でも 

タイムを縮める努力をしてみてください。 

 

普段から習慣にしておくと、脳の回転速度を上げるだけでなく、 

テストの時の問題を解くときの時間配分の目安にもなります! 

開花する時期

こんにちは! 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

小学生、中学生。 

この時期の成長は、目覚ましいものがあります。 

 

心や体も育ちますが、勉強に関しても、 

去年できなかったことができるようになった。 

苦手だと思っていた分野が分かるようになった。 

そんなことがよくあります。 

 

 

そのタイミングは人それぞれです。 

 

数学の、大抵の人が避けたがる確率や証明の問題が好きだと気づく。 

 

問題が複雑になってくると「楽しい!めっちゃ楽しい!」と言いながら問題に取り組むようになる。 

 

それまでは、なかなか勉強せずに、分かるし出来るけど、

普段の積み上げがなくてテストの点数が取れませんでしたが、それを機に変わります。 

 

こういう子は、考えることが好きで社会のグラフや図を眺めているのが好きなこともあります。 

 

 

また、研究者タイプで放っておいてもどこまでも勉強をするタイプ。 

 

学校のテストには出ないようなマニアックな事が好きなので、成績には反映されない、という事もあります。 

 

歴史の勉強をしていて「ロシアってあるとき突然歴史の教科書に出てくるけど、今まで何してたの?」と教科書に書かれていない部分が気になり始めて、調べているうちに時間が無くなってしまい、テストの点数が取れなかったり… 

 

こういう子は、自分の好きな学びが出来るようになると、目覚ましく成長します。 

 

 

 

誰でも、やっているうちに、大きく開花する時があります。 

 

その開花の時期を迎えるためにも、やはり普段から机に向かう習慣は、とても大事です。

 

花を咲かせるために根を張っている時期、葉っぱに光を浴びている時期でも、机に向かう習慣は崩さないでいてくださいね! 

 

 

 

さて。秋元市長も6月1日からの学校再開を発表しましたね。 

北海道の緊急事態宣言も解除されました。 

 

学校再開時には、課題をちゃんと提出できるように進めていますか? 

 

あと1週間です! 

頑張りましょう!