お知らせ

同じやり方だと点数は下がります

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

期末テストが終わって、みんなすっかり解放気分ですね(笑)

おもいっきり羽を伸ばしているのがよくわかります。

でも、あすなろの生徒さんはきっちりじぶん反省会をしていますよ。

今回はみんなよく頑張って、100点や学年トップの成績を収めた生徒さんもいます。

その他にも、惜しくも満点を逃した生徒さんは、

「次回目標100点」!!

すばらしい!!その意気込みアップ

本当にあすなろの生徒さんは素晴らしいですキラキラ

ただし。

ここからは少し怖い話になりますが、

今回と同じやり方だと成績は下がります。

それはなぜか?

今回と状況が全く違うからです。

まずテスト範囲が倍に増えます。

今回は4月から6月まで勉強した分が範囲でした。

次のテストは11月。夏休みの1ヶ月を除いたとしても、4か月分の学習量です。

そして難易度が上がります。

一学期に学習するのは、その学年で学ぶことの導入のような内容です。

二学期の内容に踏み込むためのステップとなっているので、これも単純に

一学期の難易度<二学期の難易度と考えてください。

そしてさらに、環境が変わります。

運動系の部活は3年生が引退し、自分たちの出番が増えますね。練習量も増えます。

学校祭などの行事もたくさん入ってきます。

まるでビジネスマンのようなスケジュール(笑)

その中で、一学期と同じような学習量、学習時間で足りるでしょうか?

受験生だけでなく、1年生・2年生にもこの夏が勝負なんです。

あすなろでは、それに対する心構え(マインド)と、具体的な対策をきっちりお伝えしています。

いっしょにこの夏を乗り切りましょう!!

お手伝いの効用

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

先日の記事「お手伝いで成績が上がります」が好評をいただき、ありがとうございました。

今日はその続きをお話します。

実は、お手伝いで効果があるのは暗算だけではありません。

スーパーに行けば、いろんな食材がありますね。

ここで、お母さんから「国産の牛肉を買ってきて」と言われてお使いに行ったとします。

すると…

牛肉にはアメリカ産、オーストラリア産(オージービーフって書いてますよね)があり…

鶏肉はブラジル産があったり

豚肉は…北海道産が多いかな?

ラム肉は北海道産と同じくらいオーストラリア産が売られていますね。

ここでいろんなことが見えてきます。

「日本の食卓は、世界中に支えられているんだなあ(輸入に頼っている)」とか

「こんな国と貿易しているんだ」とか

「オーストラリアってお肉を作ってるんだ」とか

そうなんです。

スーパーは世界とつながっていますキラキラ

この時見ていたラベルが、世界地理の勉強に役に立つんです。

教科書だけで覚えようとしても、なかなか頭に入っていきません。

でもその時に、スーパーで「オージービーフ」のラベルを見ていた人は、

あ、あれかひらめき電球

と、イメージしやすいんですビックリマーク

食品だけじゃないですよ。

おうちの庭いじりのお手伝いをします。

ホームセンターに行って肥料を見ておくと、技術家庭科の役に立ちます。

小中学生の皆さんが今勉強していることは、社会の中の当たり前なこと。

五感をフルに使って覚えたことは、忘れません!!

おうちのお手伝いをすることが、そのまま生きた勉強になりますよ。

NHKの取材を受けました

みなさん、こんにちは。
発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

教室に見慣れないお客様が!


実はいま、教室がある発寒北エリアを、NHKの方が丁寧に取材をしてくださっています。
その一環で教室も取材をしていただきました。

ハツキタエリアをたくさん取材されていたので、教室の部分が番組に使ってもらえるかどうかわかりませんが、それでもワクワクしながら放送を待っています♪

ぜひみなさんも見てください<(_ _)>

◆放送日◆
6月26日(金)19:30~ 北海道クローズアップ ※北海道ローカル放送
6月28日(日) 8:00~ 北海道クローズアップ(再放送)
7月25日(土)11:30~ 目撃!日本列島 ※全国放送

行きたい高校か行ける高校か

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾、あすなろ学舎です。

今日のタイトル「行きたい高校か、行ける高校か」

みなさんにお聞きします。

どっちの高校に行きたいですか?

公立高校の入試は中学校三年間の成績(ランク)と、入試当日の試験の結果(当日点)の両方で判断されます。
(学校によっては面接などもありますが)

受けたいけれど、ランクが足りなくて・・・とか。

ランクはあるけど、点数が伸び悩んでいて・・・とか。

さまざまな理由で「受けられる高校」を受験する人もいます。

というか、いました

実は最近の傾向は、「らくらく行ける高校」より「がんばってでも行きたい高校」を、

「近くて通いやすい高校」より「遠くても行きたい高校」を受験する生徒さんが多いのです。

つまりそれだけ本気でブレずに受験に挑戦する生徒が増えているということです。

本気だしてる人が相手なら、生半可な気持ちじゃ太刀打ちできません!!

「まだわかんな~~~い」って言ってるアナタ。

そんなこと言ってるのはアナタだけかもしれませんよ?

公立高入試が難化傾向

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾、あすなろ学舎です。

昨日は業界セミナーがあり、高校入試の最新情報をお聞きしてきました。

北海道の公立高校の入試は2012年を境に問題が易しくなり、2013年、2014年と平均点が高くなる傾向にありました。

それを受けて、今年こそは難しくなると言われていましたが…

どうやら実現したようです。

裁量校が難しいのはあたりまえのことで、難易度も5教科でバランスのとれた内容でした。

しかし、標準問題採用校では教科によって難易度にばらつきがみられました。

この標準問題の難易度、気になりますよね。

英語は例年通りのレベルで、数学と理科が難しくなり、理科に関しては「歯が立たない」という印象を持たれた生徒さんも多かったようです。

反対に、国語と社会が易しくなっていたとか…

(個人的には、これから日本で社会人となって活躍する人たちの国語のレベルを下げて良いものかと思いますが。)

この教科によるばらつきを見て、今年の問題がどちらにレベルを合わせてくるのかはわかりません。

でも、難しくなると予想して準備しておくべきなのは・・・わかりますよね(笑)

ただ、昨年度の道コンの問題と、入試当日の問題に似たような問題が出題されていました。

道コンを毎回受験し、丁寧に見直しをしていた人にとってはサプライズともいえる恵みの問題があったそうです。

このお話を聞いてどんな気持ちになりましたか?

「うわ~・・・」って思う?

それとも「やってやるぜ!!」って思う?(笑)

こちらの記事(→やる気はなくてあたりまえ)でもお話しましたが、やる気は待っていても起こりません。

まず始める。

まず勉強をスタートさせることが大切です。

ちなみに中3生の次回道コンは8月11日ですよ♪

お手伝いで成績が上がります

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

今日みなさんにお話ししたいことは、ぜひおうちの方にもご協力いただきたいです。

お父さま、お母さま、どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>

みなさんは、「勉強する」と聞くとどんなイメージがありますか?

机に向かってノートに何か書いている姿…

本を読んでいる姿…

とにかく、座って机に向かって何かしてるイメージが強いですよね。

でも、勉強はいつでもどこでもできるんです。

今日はそのことをお話します。

おうちの方へお願いです。

もしお子さんが正解を出したら、おやつを買うことを許してあげてください。

あすなろ学舎からのお願いです。

では、動画をどうぞ。

やる気はなくてあたりまえ

こんにちは!

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

テストを終えたみなさん。

じぶん反省会はしましたか?
(じぶん反省会はコチラ →

「なかなかヤル気が出なくて、テスト勉強をギリギリに始めちゃったんだ…」

そんな声も聞こえてきました。

でもビックリマーク

そこに気づいた君はすばらしいキラキラ

これから伸びる素質があります!!

やる気はなくていいんです。

なくて「当たり前」なんです。

じゃあ、どうすればいいの?

まずは、こちらを観てくださいね。

チーム「オレ」の作戦会議

おはようございます晴れ

発寒にある学習塾・あすなろ学舎です。

この地域の中学校は、昨日で期末テストが終わりましたね。

みんな、解放された気分を味わっているのでは?

ここから中体連に向けて、部活の練習もハードになってくるでしょう。

さて、テストが終わったばかりの今、やっておくといいことがありますキラキラ

それはじぶん反省会

ここが苦手だった、思い出せそうだったのに書けなかった、

全然歯が立たなかった…

などなど、それぞれで思い当るところがありますね?

それから、テスト当日までに、どんな準備をしていたでしょうか?

苦手だなあ、と感じた部分は、テスト前にどれくらい時間をかけていたでしょうか?

また、どんなやり方で勉強していたでしょうか?

それが全部データになります。

スポーツの試合で、行き当たりばったりの試合はないですよね?

コーチ陣が、必ず相手チームを分析していますよね?

みんなも同じです。

みなさんはプレイヤーであり、自分自身のコーチでもあるのですグッド!

チーム自分の作戦会議が、次のテストの勝利を運んできてくれますよビックリマークビックリマーク

まず、学校祭に行ってみよう

みなさん、こんにちは。


発寒の学習塾、あすなろ学舎です。

中3生はよくこんなことを話していませんか?

「どこの高校に行きたい?」

もうすぐ夏休みですが、「夏休みを制する者は受験を制す。」と言われています。

たしかに、早めのスタートが何事にも有利なのはわかりますよね。

でも、それよりも大事なことがあります。

それは…

目標を決めること。

そこがはっきりしている人は、長い受験期間も息が切れることなく頑張りぬくことができるんです。

逆に、そこが漠然としていると、「何のために今これ(勉強)しているんだろう?」と悩み始めることになります。

考えることは大事ですよ。でも悩みすぎるのはエネルギーがもったいないです。

「でも行きたい高校なんてないし…」「まだわからない」

そんな人は…

まず・・

高校の学校祭に行ってください

その高校の雰囲気を肌で感じてきてください

学校はランクでできてるわけではありません。

ここに通ったら楽しそうだな。

卒業できたらうれしいな。

そんな風に具体的にイメージできたら、あなたは一歩高校に近づいています

 
 
これから学校祭シーズンです。
 
自分に合いそうな学校かどうか、のぞいてみるといいですよ(^_-)☆