「勉強しなさい」の後ろ側

みなさん、こんにちは!

発寒の学習塾・あすなろ学舎の事務スタッフです。

 

「勉強しなさい!」

聞き飽きている、というか

言われると、

何ともイヤ~な気持ちになっちゃう言葉。

 

反抗期真っ最中だったら

イライラもするかもしれない。

 

そんなのは、

言っている親だって、

子供の時は、言われたらイヤ~な

気持ちになっていたはず。

 

なのに、どうして

大人になったら

子供に同じことを言うんだ???

 

と、疑問に思いませんか?

 

 

 

実はそこには、

大人になってみないと気付かない。

親になってみないと

分からない気持ちがあるのです。

 

大人にならなきゃ分からないかもしれないけど、

でも、頭で理解することはできる。

 

そこの視点をすっ飛ばしてるから、

言われてイヤ~な気持ちになる。

 

でももし、知っていたら?

 

もしかしたら、

…断言はできませんが、

イヤ~な気持ちが、

やれやれ。

くらいの気持ちで収まるかもしれません。

 

 

 

「勉強しなさい」は

逆に言うと

「信じてるよ」の裏返しです。

 

大人になって、

社会に出て

仕事をするようになって。

 

だからこそ、気付いたこと。

 

それぞれの人生で沢山あるのだと思います。

 

「もっと勉強しておけばよかった」

というと月並みで、

ちょっと違うかもしれません。

 

 

 

それよりも、

 

〇この時期に勉強しておくことで広がる可能性。

〇勉強することで身につく学力以外のスキル。

  例えば、計画性や自分を律する心、予測力、

  自分の頭を使って答えを導きだす姿勢、などなど。

〇実行することから生み出される確固たる自信。

 

 

大人になって、周囲を見渡さないと

気付けないことです。

 

 

そして更に。

 

それをウザイと思われようと

自分の子供に言う、という事は。

 

「この子は、それを身に付けることができる。」

「今の自分が全てではない。もっと大きく羽ばたける。」

「自分の人生を切り開いていける。」

という信頼と愛情がたっぷり詰まっているのです。

 

 

 

「勉強しなさい」と言われても

ちょっとだけ、その裏側を考えてみてください。

何が詰まっているでしょうか?

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!