目標を持つことの大切さ

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

今日は私立A日程の入試日

そして、中1,2年生は学年末テストという大事な日でしたね。

みなさん、準備してきた力を100%出せたでしょうか?

教室には、受験を終えた3年生や、明日の準備をしている1,2年生から

明るい声で「できた!」という報告が届いています。

あともう少し、ここが踏ん張りどきです!

自分の力を信じてね!!

さて、私は先日、人生の先輩にお会いしてお話を聞いてきました。

それが、「目標を持つことの大切さ」です。

人間は「ここが目標」という地点を見つけると、

今の自分と目標との差を見て、自然とその差を埋めようとするのだそうです。

どんなに目標が高くても、一度そこを見ると、目指して進むものだそうです。

ただ、大人になると、目の前の忙しさに振り回されてしまって

目の前にきた仕事や用事に反応する日々になりがちです。

そうすると、目標はおろか自分の現在地を見ることもしなくなり、

変わらない毎日をおくることになります。

つまり成長がなくなってしまうんです。

受験生の皆さんを見ていると、本当に

「この高校に行きたい!!」という強いエネルギーを感じます。

そして、2週間足らずで模試の合計点を50点も上げたり、

苦手だった分野がすいすいと頭に入るようになったり、

びっくりするような成長を見せてくれます。

大人の私も、みなさんに見習わなくてはと毎日思っています。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!