どの意味でとらえるか

今年の漢字が発表されました。

「戦」という漢字です。

今年はウクライナ侵攻やミサイル発射。安部元首相銃撃事件など
きな臭いことが多かった年です。

その他にも円安や物価高、電力不足、未だに続くコロナなど、
日常の戦いでも油断できない年でした。

その一方で、


記憶に新しいサッカーワールドカップでの戦い。
冬季オリンピックでの熱い戦い。
プロ野球では、佐々木朗希投手の最年少完全試合、大谷翔平選手の二桁勝利二桁本塁打など、
記録への挑戦などもありました。

ポンポンを持って応援する動物

漢字には、沢山の意味があります。

「戦」という漢字は、悪いイメージを連想しがちですが、
熱戦・挑戦なども「戦」です。

受験生も、日々の勉強を頑張っている塾生も

「己との戦い」の側面もあり、

「挑戦」でもあります。

その「戦」は決して悪いものではなく
未来を創造するための前向きな「戦」です。

自分の創造する未来を信じて。

気を引き締めて「戦って」いきましょう!

>まずは無料見学にお越しください!

まずは無料見学にお越しください!

CTR IMG