やる気という幻

最近、塾生に「やる気が出ないです」と言われることがあります。

やる気がでない理由は沢山あります。

暑いし。

家にいると気が散るし。

なんで勉強しなきゃならないのか分からない。

将来、こんなの使うことないですよね。

一度は誰しも考えたことのある理由だと思います。

理由を沢山並べますが、それらがクリアされればやる気はでるのでしょうか?

そもそもやる気は、誰かがくれるものではありません。

「やる気がでてから勉強しよう」そう考えていると、あっと言う間に一日が、夏休みが終わってしまいます。

やる気を出すコツは、逆説的に聞こえるかもしれませんが、やりはじめてしまうことです。

東京大学薬学部教授の大脳生理学の脳研究者、池谷裕二(いけがや・ゆうじ)先生によると、そもそも脳の働きとして「やる気」というものは存在しないそうです。

人間というのは、行動を起こすからノッてくる(やる気がでる)生き物とのこと。

最初は面倒でも、とにかく行動を起こしてしまうことが先だそうです。

私もやる気がなくなってしまうことがあります。

ですが、やる気はなくともやりはじめます。

行動を起こすのが先です。

すると、やっているうちに、やる気というよりは目の前のことに集中しはじめます。

塾にくると集中できる。塾での勉強ははかどる。という人が多いのは、とにかく始めることができる環境も大きいです。

(もちろんその他にも、聞ける環境がある安心感や、生徒さんそれぞれにピッタリの教材など沢山の要素もあります)

スポーツクラブやジムに通う人も、自宅で一人ではできない、続かないという理由もあります。

やる気が出ないと理由を並べる前に、勉強を始めてしまうのはいかがでしょうか?

いきなり難しい問題ではなく、簡単な計算問題や音読など、得意なもの、取り組みやすいものから始めるのがコツです。

この夏、やればできる!を体験してみてください。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!