世界一固い種のおはなし

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

むかしむかし、私が先生になりたての頃、

先輩の先生から聞いたお話です。

世界で一番固い種。

みなさん、なんだと思いますか?

お父さんが晩酌のおつまみで食べているかもしれません。

それは、ピスタチオなんです。

おつまみは、もう煎って食べやすい状態になっていますが、

たまに殻が割れてないピスタチオ見たことありませんか?

あれ、めちゃくちゃ固いんですよ!

煎る前の、生だとなおさら割れないんですよ。

でも、中の種はとってもおいしいから、なんとかして出したい!

力ずくで・・・

無理矢理・・・

すると

割れちゃうんです。

肝心の、中の種が。

残念ですよね。

でも、その殻が簡単に割れる方法があるんです。

必ず。

それは、

適切な温度と水があれば。

殻が割れて、芽が出てくるんです。

適切な環境さえあれば、種から必ず芽が出るんです。

種によって、発芽までにかかる時間は違います。

でも、必ず芽は出る。

だから子どもたちにも、芽が出るように、適切な環境を与えよう。

私たち大人が、適切な環境を作ろう。

そう、先輩の先生から教わりました。

その先生は、喜多川泰(きたがわやすし)さんといって、横浜の塾の先生で、

作家さんで本も出版されてる先生です。

このお話を聞いたとき、なるほどなあと思いました。

自分も子どものとき、全然勉強しなかったけど(笑)

あるとき突然勉強が楽しくなった時がありました。

それまで両親も、手を変え品を変え、でも勉強する環境を整えてくれました。

塾だったり家庭教師だったり、自己学習であったり、その時私の望む環境を与えてくれました。

よく・・・あきらめなかったなあと思います(笑)

芽は必ず出ます。

だからみんなも、安心して自分の芽を出して、自分の花を咲かせてください。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!