先々を見越して、今できること

こんにちは! 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

新学期が通常通りに始まった、と喜んだのも束の間。 

札幌市内の小中学校、そして市立の高校の休校が、また検討されていますね。

 

 

札幌では一度、患者数の増加は抑止できたものの、また増えてきたことや、全国的、世界的な状況を見て判断されていくことでしょう。 

 

もしかしたら、政府の方針に翻弄されていると感じるかもしれませんが、政府関係者・学校関係者も必死の思いで、正解のない難しい問題を、どう乗り越えようか知恵を出し合い、ベストではないかもしれないけど、最善であろう方法を模索しています。 

 

大人たちも、右往左往している、という表現がピッタリかもしれません。 

 

刻々と変わる状況。多方面への配慮。想像もつかない影響などを考えると、簡単ではないことは、誰しもが分かることと思います。 

 

それでも何らかの決断を下して、行動していく様子を、みなさんも目の当たりにしていると思います。 

 

 

正解のない問題を考えるのは、とても大変なことです。 

 

 

今回のコロナウイルスの事だけでなく、皆さんが大人になった時に、難しい問題に出会う事もあると思います。 

 

それは、個人的な問題かもしれないし、会社や組織・あるいはグループのリーダーとして、決めなければいけないかもしれません。 

 

その時に必要なのは、知識であり、発想力です。 

 


 

人が想像もつかない解決策が、常識の枠にとらわれない、斬新なアイディアが浮かぶかどうかは、その人の頭の中に、過去に培った経験や知識、似たような事例をどのくらい知っているかにもよります。 

 

なので、今はその知識や事例を増やすために、本を読みましょう。 

 

 

このような社会的な問題だけでなく、個人的な問題、例えば恋愛においても、多様な解決策があることを知っておくだけで、自分が悩んだ時に、その後に自分が取れる行動の幅が広がります。 

 

家にいる時間が増えていると思います。 

 

今は電子書籍も充実していますし、ネットで頼めば自宅に本が届く時代です。 

 

 

自分の頭で考えることができる。 

その力は、大人になってから本当に必要な力です。 

 

 

一見、関係なく聞こえるかもしれません。

遠まわりな気がするかもしれません。 

 

ですが、今は本を読んでください。

 

 

ちなみに、面白い、夢中になる本をみつけてしまうと、時間が経つのは、あっという間です。時間を持て余しがちな、今の状況にも、読書はピッタリです。 
 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!