勉強の効果が上がる簡単な方法

まずお知らせです。

冬期講習、若干名募集しております。

特典がつくのでお早めにご連絡下さい!

ありがたいことに、体験にきてくださる方が増えて参りました。

2学期までの学習で

「分からないところ」

「分かっているようなつもりになっているところ」はありませんか?


一番長い学期、2学期の学習の記憶が新しいうちに、しっかり理解し定着させましょう。

学年末テスト、受験のためにも、この冬休みは大切な時期です。

思い出し復習をぜひ今のうちにやりましょう!!

前回の記事が国語の詩の話だったのですが、今回も国語のお話です。

みなさん教科書は読んでいますか?

私の「読んでいる」は音読の方です。

小学生の時はみなさん音読が家庭学習だったりしましたよね。

あれは中学生になっても続けてほしいのです。

口元でブツブツでも構いません。

読めない漢字がなくなります。

文章のかたまりが分かり、内容が分かりやすくなります。

“音読する場合は(中略)黙読のときに活性化する部位に加え、聴覚野なども活性化する。音読は大脳の70%以上の神経細胞が働く、脳のトレーニングに最適な方法の1つと言える”

※東北大学、加齢医学研究所所長 スマート・エイジング国際共同研究センター長の川島 隆太 教授の話による
学校法人 産業能率大学 総合研究所

という研究結果もあります。

俳優さんも声に出して読んで覚えると聞きます。

詩や詩短歌・古文 有名過ぎる枕草子や竹取物語は、もう丸暗記してしまうぐらいの勢いで良いと思います。

子供の頃、ブツブツ口元でつぶやいていたそのおかげか、未だ私は徒然草の一文を覚えています。

物語も訳文も声に出して読むことで、内容がつながって頭に入りやすくなります。

国語が苦手な子は、思い切って一度チャレンジしてみてくださいね。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!