夢は叶えたくありませんか?

こんにちは。 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

何年か前に聞いた話です。 

 

 
「親友が病気になって死んだ。 

その時、医者になりたいと思ったのだけど、 

次の瞬間、自分の成績じゃ無理だと思ってあきらめた」 

 

 

 
ちょっと想像してみてください。 

親友の死という、辛い出来事にあった際、 

残された自分に出来ることは何か… 

 

 

そして医者になりたいと思い浮かぶ。 

人生で初めて、自分の将来・職業でやりたいことが見つかったのに、 

次の瞬間。無理だとあきらめる… 

 

 

これって厳しくないですか? 

 

 

その学年や成績の状況によって、 

一生懸命勉強するという選択肢もあるかもしれません。 

 

大学に合格するのを数年遅らせる覚悟で 

勉強し直すという考え方もあるかもしれません。 

 

 

 
ですが、それは現実的でしょうか? 

 

 

親や学校の先生、大人たちは。 

 

少なからず、こういう経験があり、 

自分の力が及ばずにがっかりしたり、 

周囲で、そういうことを目にしてきています。 

 

もっと勉強しておけば良かった。 

そうすればこんな思いをしなくて良かった。 

諦めなくて済んだのに。 

 

その思いが、子どもに対する、 

「勉強しなさい」になっていることがあります。 

 

大事な子供には、そんな思いをさせたくないから。 

 

その時は必要ないと思う学習も、 

先々、やっておいて良かったと思う時がある。 

 

 

 
 
将来、夢を持った時に。 

やりたいことが出来た時に。 

一瞬であきらめる事のないように… 

 

 

 

勉強が大事なことは分かっていても、 

今やっていることの重要さを実感できているとは限りません。 

 


 
今、考えている進路に必要ないと現時点では思っても、 

先々、何をしたいと思うか、変わることもあります。 

 

数年後の自分が、 

あの時やっていて良かった。 

と思えるように。 

 

あすなろ学舎では全力でサポートしていきます。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!