守破離~勉強も一緒

こんにちは!

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。

 

「守破離」という言葉を聞いたことがありますか?

 

武術や伝統芸能などの世界の言葉です。

簡単に説明すると、

物事を極めていくときの

スリーステップです。

 

 

まず、師匠の型を徹底的に守る(守)

 

何をするにも基本が大切です。

自分の考えで、「ああだろう、こうだろう」

と勝手に物事を行ってはいけません。

 

徹底的に守る。

それが当たり前にできるまで、

基本に忠実に従います。

 

 

それが身に付いたら

今度は、自分の独自の物を取り混ぜて

型を破ります(破)

 

基本が身についてから

独自の展開をすることによって、

大きくそれたり、間違えたりすることが少なくなります。

 

この段階で試行錯誤して

間違えたことも

基本が身についていれば

その基本に返ることは

容易い(たやすい)ことですし、

その試行錯誤もまた力になります。

 

 

最後には

自分のベストのやり方を追求し

師匠から離れる(離)

 

それは、揺るぎない

自分なりの型となり

効率も成果も自信も得られます。

 

 

これ、勉強でも同じです。

 

まず、教科書や参考書を見て

解き方を習う(守)

 

慣れてきたら、

見ないでできるように自分のものにする(破)

 

この段階はやはりまず、

やってみる。

 

できなかったら戻ってまた基本をおさえる。

 

という繰り返しになりますが、

自分の頭を通して考える事によって、

どんどん出来るようになってきます。

 

 

そして離れる(離)

 

しっかり頭に定着したら、

今度はどんな変化球が来ても対応できるだけの

力が身につきます。

 

今、どの教科が、どのあたりになるでしょうか?

 

できる教科も苦手な教科も

この守破離の三段階は一緒です。

 

どこの段階にいたとしても。

 

その段階で時間がかかったとしても。

 

ちゃんとこの段階を踏みながら学習すると

必ず力がつきますので、

安心して取り組んでください。

 

 

そしてこの守破離三段階は、

大人になってからも同じです。

 

会社に入った時に

先輩や上司に教えてもらったことを

しっかり身に付ける。

 

そのうち仕事の全体像がつかめて

自分なりに工夫できるようになる。

 

そして、

どんな事態にも対応できる力になる。

 

 

今、自分がどの段階なのかを

知ることによって、

 

人と比べて焦ることも、

先の不安に襲われることもなくなります。

 

 

守破離。

守って、

破って

離れる。

ぜひ、覚えておいてください。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!