師走

明日から12月です。 
 
12月は、師走(しわす)とも言われます。 
 
この師走というのは、和風月名(わふうげつめい)という旧暦の季節に合わせた呼び名です。 

 
1月 睦月(むつき) 

2月 如月(きさらぎ) 

3月 弥生(やよい) 

4月 卯月(うづき) 

5月 皐月(さつき) 

6月 水無月(みなづき) 

7月 文月(ふみづき) 

8月 葉月(はづき) 

9月 長月(ながつき) 

10月 神無月(かんなづき) 

11月 霜月(しもつき) 

12月 師走(しわす) 

これ全部、知ってますか?覚えてますか? 

それぞれにちゃんと意味があります。 

カレンダーに表記されているものもありますが、日常的には使わなくなりましたね。 
 

それでも、師走だけはテレビの報道や、日常でも使う機会、 

耳にする機会が多いと思います。 
 
「師走の街並みを中継しています」 

「師走だから忙しくて…」 

というような事を聞いたことはありますか? 
 
師走という意味は、平安時代にはすでに、師匠でも忙しくて走りまわる月、僧侶が仏事で走り回るなど諸説言われていましたが、語源はどうあれ、年末の慌ただしさには変わりないようですね。 



 

ところで… 

周囲の人が急いでいたり、慌てていると、自分まで気忙しくなることはありませんか? 
つられて焦ってしまう。 
 
急いでいる時は、アクシデントが起きやすくなる。普段はしないようなミスをしてしまうものです。 

慌てているなと思った時は、一度深呼吸をして、心を広く持ち、落ち着いて行動しましょう。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!