憧れの先輩になってほしい!

こんにちは
発寒の学習塾 あすなろ学舎の事務スタッフです。

 

今年の夏休みは変則的ですね。
中三、小六の午前授業からなど、
徐々に本格的に2学期が始まります。

 

夏休みの間に、普段と違うところの一つは、
あすなろ学舎教室で、小学生と中学生が
一緒になることが多い事でしょうか。

 

いつも小学生しかいない時間がほとんどで、
大きいお兄さん、お姉さんと会う機会は
ほとんどありません。

  

今は、コロナの影響もあり、
あすなろ学舎では、今回の夏期講習では時間を分けていません。

 

自分とは違う学年。

 

小学生の時は中学生が、
中学生から見たら、高校生が、
高校生から見たら、大学生が、

 

自分とは全く違って、
なんでも出来そうな大人にみえませんか?

 

今のあなたも、その下の学年の子たちから見ると
そんな風にみえています。

 

それは、大きな特別なことではなくて、

ただ、当たり前に黙々と勉強をする姿や

 


ちょっとした教室での言動や振る舞いに
上の学年への違いを感じて
憧れるのですよね。

 

その憧れは、
自分もこうなりたい、
学年が上がったら、こうなれると良いなという気持ちを生みます。

 

なんとなく過ごしている、
上級生のみなさん。
下の学年から見られています!

 

いつも憧れられる先輩でいるために
静かに黙々と勉強に打ち込む姿をみせて
誇れられる先輩でいてくださいね!


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!