新しいことに対応できるチカラ

コロナの影響で、新しい生活様式に変化してきています。

 

 

非対面・非接触など様々なところで、

今までと違った文化になりつつあり、

数年後にはグローバルスタンダードになっていくと思われます。 

 

 

2月に、全国に先駆けて北海道が緊急事態宣言。 

学校が休校。 

 

いつまで続くのか。どうなるのか。 

全く見えないままでした。 

 

その中で、大人も右往左往し、模索し、 

状況に応じて最善を尽くそうとしていた様子を、 

みなさんも身近にみていたと思います。 

 

 

これからの時代は、予測不可能な時代と言われています。 

 

新型コロナウイルスのような、 

誰もが予測しなかったようなことはもとより。 

 

テクノロジーの急速な変化による、 

仕事や社会の変化、気候の変動。 

 

今まで通りのことをするだけではなく、 

常に先をみる力、 

新しいことに対応する力、 

柔軟性が 

必要になってきます。 

 

今までの常識が通じなくなる、 

新しい常識に移り変わり、確立する。 

 

その中で必要なのは、新しいことに対応する力です。 

 

新しいことに対応するためには、 

起こったことを 

観察して、 

状況を理解して、 

決めて、 

動くことが必要です。 

 

 

これを繰り返すことを 

 OODAループ(ウーダループ)といいます。

 

 

決めるためには、何が起きているのか、 

観察し理解しなければいけないのですね。 

 

 
 
理解したら、今後どうなるか予測する、

仮説を立てる必要もあります。 

 

 

何か起きた時は、まずは知ること、観察すること。 

そうすると、次の一手がおのずと見えてきます。 

 

 

今までにない力も求められる時代になってきますが、 

小中学生の今のうちから、 

まずは、冷静に観察、 

状況を理解するところから始めてみてください。 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!