疲弊しているだけじゃない

みなさん!こんにちは。 

発寒の学習塾・あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

14日から札幌市内の小中学校が休校になり、 

そして緊急事態宣言も全国になりましたね。 

 


 
北海道は、2度目の休校です。 

 

そんな中、子ども達の様子で、 

興味深い話を聞いたので報告させていただきます。 

 

それは、この状況の中、 

むしろ普段よりも勉強に集中して取り組んでいる子が多い、という話です。 

 

 

2度目の休校だからかもしれません。

 

 

早くも、適応したのかもしれません。 

 

もしかしたら、将来への不安からかもしれません。 

 

 

理由は分かりませんが、そのような話を聞いて、

頼もしいなと感じました。 

 

 

あふれた情報に、ただ疲弊するだけでなく、 

しっかりと、やらなければならない事に 

取り組んでいる子が多いことに。 

 

成長期であり、感受性の高い時期でもあります。 

 

その時期に、このような世界的な危機に直面した子どもたちは、 

きっと、これからまた大きく様変わりしていく世の中でも、 

柔軟に、強く対応していくことができる人になるのだろうな、と。 

 

 

 

そして、そのような先の話ではなくても。 

 

学校が始まった後に、いつか絶対にあるテスト。 

避けては通れない受験。 

 

 

そんな時に、今やっていることが間違いなく結果として表れますね。 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!