良いことづくめ。やらない手はない!

こんにちは! 
発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

引きこもり生活、楽しんでいますか? 

 

 

インターネットで検索されている言葉の上位に、 

ここのところ「ホットプレート」「タコ焼き器」など家族で楽しめるものや、 

この期間にできる習い事や、趣味を充実させるものが上がってきているそうです。 

 

 

不安だけではない。 

 

状況に対応、適応し、さらに楽しんでしまおう!

出来ることに目を向ける切り替えを、沢山の人がしているのですね。

 

 

 

その中で、なかなか思うようにいかない事の一つが、運動。 

 

 

高齢者のステイホームによる体力の低下が心配されていますが、 

成長期も大事な時期です。 

 

部活。 

運動系の部活をしていない人でも、体育の時間。 

 

成長期のこの時期に、運動量が少ないということは、 
体が作られるこの時期に、筋量や体力が伸びない、という事です。 

 

 

健康な体になること、ひいては免疫力を上げること。 

コロナが長期化しても戦う体力が必要です。 

 

そして大人になってから、踏ん張りがきくかどうかも、

実は、体力が大きく関係しています。 

 

 

さらに! 

勉強をしていて、眠くなった時。 

集中力が切れた時。 

 

ちょっとした運動をすると、脳に回る血流量が増えて、

眠気がさめる。集中力が増すそうです! 

 

 

さらにさらに! 

 

神経伝達物質を分泌させる効果がある。 

記憶をつかさどる海馬が大きくなる。 

脳の認知能力が強化される。 

脳の中の情報伝達と伝播(でんぱ)能力に必要なニューロンが増える。

 

 ※日経プレジデントオンライン、ハーバード大学医学部・ジョン・J・レイティ博士より 

 

 

「運動は体にいい」なんて当たり前に言われていることですが、

良いことづくめですね。

 

 

 
 
 

家の中だと、腹筋や腕立て伏せ。

運動が苦手な人は、ちょっとしたストレッチやラジオ体操。

 

 

気分転換もかねて、人の少ない早朝などにジョギング。 

 

ぜひ、取り入れてみてください! 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!