言えない単語は書けないし、もっと怖いのは〇〇!

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

すっかり夏のような気温の札幌。

緑がますます美しくなりましたね♪

桜の季節ももまもなく終わりですが、

昨日は滑り込みできれいな桜が見れました♪

 

 

さて、今日は英語のお話です。

 

単語を覚えるときに「言いながら書きましょう」とお伝えしていますが、

なぜそうしなければならないのでしょう?

 

スペルというのは音のとおりにつづられています。

(注:文頭のwや、語尾のeなど、発音されないものもあります。)

言いながら書くことで、音とつづりの関係が身に付きます。←でも、1日にしてならず、ですよ!

言えない単語は、まず書くことができません。

もちろん、言えない書けない単語は読むこともできませんね。

覚える、つまり定着させるために、言って、聞いて、書く。

五感をフルに使います。

そして、新しい言葉として自分の中に取り込みます。

 

これができると、リスニングができるようになります!!

 

え?聞く練習はしていないって?

それがですね、怖いことに、人間

「自分の知らない言葉(音)は、雑音にしか聞こえない」のです!!

 

人間の耳は、自分が言葉として認識している音しか

言葉に聞こえないようになっています。

なので、知らない単語は聞き取れないようになっているんです!!

 

リスニングにがてーーと言っている君は、

聞き取るために、知ってる単語を増やすこと!!

中学校で学ぶ単語の大部分を中1で覚える理由も、これでわかってくれたかな?

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!