認知症予防で学力向上⁈

こんばんは!

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

テレビで認知症予防の脳トレを放送していました。 

 

その内容は、1~120までの数を、時間を計って

なるべく早く言う、というトレーニング。 

 

より早く言えるようにする、というトレーニングが 

脳の情報処理速度を上げるそうです。 

 

 

計算問題でも、時間を計って問題を解くようにすると、 

ダラダラやるより効果が高いと感じている人も多いでしょうが、 

ちゃんと根拠がある話なんですね。 

 

実際、教室でも100マス計算を取り入れていますが、 

その速度が上がると、なぜか国語が伸びる。という事実があります。 

 

これは、あすなろ学舎だけの話ではなく、 

教育にたずわさっている人の間でも良く聞かれる話です。 

 

 

「地頭」という言葉は使いますか? 
「地頭がいい」というと、基本となる能力が高いことを指しますが、 

決して生まれついてのものでは、ないそうです。 

 

脳の回転速度を上げるトレーニングと、 

容量を大きくするトレーニングで鍛えられます。 

 

さらにこれは、思春期から大学生くらいまでの間に成長するそうです。 

 

 

早く読んで、脳の回転速度を上げる。 

100マス計算で、脳の回転速度を上げる。 

脳科学的に証明されているなんてすごいですね! 

 

また、転移学習というものがあるそうです。 

 

転移というと、癌のイメージですが… 

手術したけど転移していた。なんて言いますね。 

 

転移は、悪いものばかりではなく、何かが他のところに移ることです。 

 

学習の転移とは、脳の回転速度を上げるトレーニングで 

特に起こりやすいそうですよ。 

 

回転速度を上げる学習なのに、 

そこから、記憶力、抑制力。そして注意力まで上がる、 

学習効果が上がる転移です。 

 

 

 

100マス計算をすると、「なぜか国語が上がる!」と言われているのには、 

実際に根拠のある話だったなんてすごいですよね! 

 

100マス計算もそうですが、普段の勉強でも 

タイムを縮める努力をしてみてください。 

 

普段から習慣にしておくと、脳の回転速度を上げるだけでなく、 

テストの時の問題を解くときの時間配分の目安にもなります! 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!