道コンの文章題の真実

こんにちは! 

発寒の学習塾あすなろ学舎の事務スタッフです。 

 

小中学校で、予定通り新学期が始まりました。 
 
久しぶりに戻ってきた日常は格別ですね。 

 

新学期が始まるに際して、あすなろ学舎にも沢山のお問い合わせをいただいております。 

 

その中には、電話番号が非通知のため、折り返しのご連絡ができない方がいらっしゃいます。 

 


 

あすなろ学舎の電話番号の前に 

186 を付けて発信すると、

番号が表示されますので、

どうぞご協力をお願いいたします。 
 
  

 

さて。 
先日の道コンから。 

国語の文章題についてです。 

 

学校の定期テストなどではなく、

 

このようなテストで使われている文章題は、

受験する小中学生が、

初めて目にする文章であることが大半です。 

 

 


 

 
物語や、論説文。 

 

この内容は、小中学生に読んでほしい文章を、

出題者が選んでいるそうです。 

 

例えば、物語では、 

友人関係で悩む主人公の心の変化。 

劣等感を克服する心の動き。 

 

このように、いつか同じような状況に立った時に、役立つかもしれない文章。

 

 

論説文では、 

バブル期から今までの、歴史の教科書には載っていないような時代の変化。 

現代社会が抱える問題など、 

 

社会や、他の教科にも通じるけれど、

授業だけではカバーできない知識を補える文章などが出題されています。 

 

 

本を読むという習慣がない人も、

その習慣があっても興味のある分野以外の本は

なかなか目にする機会は少ないものです。

 

 

そのような中、国語のテストを受けながら、

他の教科の知識も深まるなんて、

国語のテストはお得ですね! 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!