三学期の恐い話

こんにちは!

発寒の学習塾あすなろ学舎の

事務スタッフです。

もう2月も三分の一が過ぎます。 三学期。短いですよね。

三学期は、短いけどとても重要なところです。

まず、近づいてきた学年末テスト!

成績に対する、ここの比重はとても大きいです。

もちろん皆さんも理解していると思います。

それから、学校としては三学期終わりまでに

その学年のカリキュラムを全て終わらせなきゃいけません。

それぞれの先生の授業の進め方などありますが、

三学期は授業が急に駆け足になった、

最後まで教科書が終わらなかった、

などという話もあります。

そして実は、この二つが組み合わさって、

「三学期で勉強した内容は定着率が悪い」

と一般的に言われています。

どういう事かというと、

学年末テストは、1~2学期の内容も多く出題される。

それに加えて、三学期の授業で最後に習う所は

問題を繰り返し解く時間が

どうしても短くなるので

定着が良くない、と言われているのです。

特に英語!

英語の授業は、次の学年への橋渡しにするため

一番難しい内容が三学期に教えられます。

それなのに、ここが駆け足の授業で、

繰り返し問題を解く時間が少なくなると…

恐いですね。

学校の先生が飛ぶように授業を進めるので

「なんかラッキー!」「うぇ~い!」

って喜んでいる場合じゃないです。

次の学年に進んだ時に困らないよう、

三学期に習う内容も、しっかり定着するよう

毎日の学習を心掛けてみてください。


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!