企業秘密です。

今日は、お子さまではなくお父さまお母さまにお伝えしたい内容です。

生徒のみなさんが勉強したくなるように、私が日々気をつけていることです。

 

 

中学生は夏休み最終日ですが、お子さんの夏休みの宿題が終わってなかったり…

テスト前に勉強してる様子が見られないと…

つい言いたくなるこのフレーズ

なんで勉強してないの!?

これ、言いたくなっちゃいますよね(^^;;

わかりますっっ!

このフレーズの中にとっても危険な言葉が一言入ってます!!

それはなんだと思いますか?

 

「勉強」

ではなく

 

「してない」

でもなく

 

「なんで」

 

これです!!

脳は、なんでと聞かれるとその理由をサーチし始めます。

なので前述のとおり

なんで勉強してないの?という問いに、

勉強できない(してない)理由を探し出すんです。

だって聞かれてるもんね(^^;;

 

できない理由が見つかると、脳は「あー、こりゃできなくても仕方ないな、やめようか」と考え、そしてそれを実行しします。

怖いことに、「なんで勉強してないの?」という問いが、勉強をストップさせることになるんです。

 

でも心配しないでください。

やる気になってもらうには、これを逆手にとればいいんです!!

 

たとえば

宿題終わってないね~
じゃあ、どうすれば終わるかなぁ?

とか

どうしたら勉強したくなるかなぁ?

など

 

 

この手法は、第二次世界大戦中にアウシュビッツに捕らえられ、生還した精神学者Dr.フランクルが言っています。

強制収容所という過酷な環境では、死を望む人も多くいました。

でも、そのような人に「あなたはなぜ自殺をしないのですか?」と尋ねるのです。

そうするとその人は生きる理由を探しはじめ、そして生きることを強く望むようになります。

そして質問された人は、生還を果たしたのです!!

このやり方を歴史が証明してくれているようなものですね。

実際にこの言葉がけをしたお子さんのお母さまからは、「家で勉強するようになりましたっ!」というご報告をいただいています。

お家でも、ぜひ一度試してみてくださいね♪

 

 

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!