同じやり方だと点数は下がります

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

期末テストが終わって、みんなすっかり解放気分ですね(笑)

おもいっきり羽を伸ばしているのがよくわかります。

でも、あすなろの生徒さんはきっちりじぶん反省会をしていますよ。

今回はみんなよく頑張って、100点や学年トップの成績を収めた生徒さんもいます。

その他にも、惜しくも満点を逃した生徒さんは、

「次回目標100点」!!

すばらしい!!その意気込みアップ

本当にあすなろの生徒さんは素晴らしいですキラキラ

ただし。

ここからは少し怖い話になりますが、

今回と同じやり方だと成績は下がります。

それはなぜか?

今回と状況が全く違うからです。

まずテスト範囲が倍に増えます。

今回は4月から6月まで勉強した分が範囲でした。

次のテストは11月。夏休みの1ヶ月を除いたとしても、4か月分の学習量です。

そして難易度が上がります。

一学期に学習するのは、その学年で学ぶことの導入のような内容です。

二学期の内容に踏み込むためのステップとなっているので、これも単純に

一学期の難易度<二学期の難易度と考えてください。

そしてさらに、環境が変わります。

運動系の部活は3年生が引退し、自分たちの出番が増えますね。練習量も増えます。

学校祭などの行事もたくさん入ってきます。

まるでビジネスマンのようなスケジュール(笑)

その中で、一学期と同じような学習量、学習時間で足りるでしょうか?

受験生だけでなく、1年生・2年生にもこの夏が勝負なんです。

あすなろでは、それに対する心構え(マインド)と、具体的な対策をきっちりお伝えしています。

いっしょにこの夏を乗り切りましょう!!


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!