問題が難しくなってきたということは、大人として扱われているということです

 

みなさん、こんにちは。

 

今日は雨で肌寒い日ですね。

 

 

さて、副教科のテストも終わり、学校祭に向けての準備が始まりましたね!!

 

中3生は、この忙しい中、新しい単元が始まり、

 

そして学力テストAがもう目前に!

 

 

いいですねぇ~

 

この、カオスな感じ!!(笑)

 

本格的受験シーズンの始まりって感じですね!!

 

 

昨日も、練習問題を解きながら

 

「使う公式は簡単なのに、いざ解こうとすると

 

何を使ったらいいのかがわからなくなる」

 

というお悩みがありました。

 

 

他にも、理科の問題で、実は簡単な公式に当てはめるだけなのに

 

当てはめる数値を読み取ることが難しかったり・・・

 

 

そうなんです。

 

学校では、まず解けるようになるために、

 

「この数値を当てはめて、この公式を使って解いてください」と、

 

解きやすい問題で練習します。

 

 

だから、

なんだ簡単じゃん

 

私、デキるじゃん

 

よゆーーーー

 

って思ってしまいがちなんです。

 

 

 

でもそれは、

 

この公式を使うよドキドキ

 

この数字を当てはめてね、と

 

わかりやすく誘導してくれているんです。

 

 

今まではきっと、自力で解いたと思っていたでしょう。

 

でも実は、気づきやすく誘導してもらっていたんですよ!!

 

 

「入試問題は難しい」と感じるのは、

 

シンプルな問題でも、どうやって解くか、

 

どんな公式を使うのか、

 

どの文法を使って答えるのか

 

などなど

 

解き方を自分で探さなくてはいけません。

 

 

もう、さりげない誘導はありません。

 

 

でも、それだけ、みんなは認められている

 

つまり、大人として扱われているということです。

 

 

 

それを解きこなすには・・・

 

練習あるのみですよ。

 

 

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!