1問5分

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

 

昨日は、受験生のみんなで期末テストの過去問に挑戦しました。

ちょうど二学期の期末テストの理科です。

大きな問題が11問(四角1とか四角2とか呼んでるやつです♪)

 

これを1時限だから、45分で解くわけです。

 

単純に考えても、大問を1問解くのに4分以上はかけられませんね。

4×11で44分。

残りの1分は名前を書くぐらいでしょうか。

見直しするにはまったく足りません。

 

で、ためしに1問を4分で解いてもらったのですが、

全員最後までたどり着けませんでしたねぇ。。。

 

大問一つの中に(1)、(2)と小問がありますが、それが5問ありました。

4分ではゆっくり問題を読んでるヒマもなければ、

「どうやって解く?」と悩むヒマもないわけです。

それを体感してもらえたと思います。

 

大問11問もジャンルはばらばら、ランダムに問題が配置されています。

脳みそをフル回転させて、頭を切り替えて問題に対応する練習も必要です。

 

いつもじっくり考えて問題を解いている人(勉強時間が長い人(^_^;)や

いつもテストで時間が足りないと思っている人は

要注意ですよ~!

 

 

・・・って、あれ?

タイトルは1問5分じゃなかったっけ・・・?

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!