勉強はインプットとアウトプット

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

昨日、生徒さんとお話していて

「今回はもっと上がると思っていた」

「ケアレスミスがなかったら、あと30点くらいは上がっていた」

などなど、悔しい胸の内も聞きました。

 

そうですよね・・・

あんなに頑張ったんだもん、もっと上がってると思ったよね・・・

 

そう、みなさん本当によく頑張っていました。

でも、勉強をした結果が点数に反映されてくるのは

実は少しタイムラグがあります。

 

明日健康診断だからと、前日だけダイエットしても体重は変わりません。

過去3か月の生活習慣が、診断結果として出てきます。

 

勉強もそれと同じで、過去、継続して頑張った結果がテストとして現れます。

直前に頑張った結果は、それなりの上昇率なんです。

それでも上がるならすごいこと。

 

先生方も子ども時代に経験してきて

また、自分の友達や周囲の人を見ていて感じたことがあります。

 

勉強はインプットとアウトプットの両方が大事。

 

常に8割9割取れる人の勉強法は共通しています。

塾に行こうが家庭教師をつけようが、はたまた

自学自習の人でも同じ。

 

日々、インプット。

毎日復習して覚えていくこと。

 

そして、テスト前にアウトプット。

過去問やテスト本番を意識した問題を解きまくるのです。

※解きまくるんですよ。1回や2回じゃないですよ(笑)

 

テスト期間が始まるよ~と、学校からテスト範囲が発表されるころ、

それは、アウトプットを始める時期なんですよ。

本当は、その前にインプットをしておいて、

テスト前2週間というのは、アウトプットの練習をする期間なのです。

 

それが、たいていの人は、テスト期間(=アウトプットすべきとき)に

インプットを始めているんです。

頑張って覚えたけど、アウトプットの練習なく本番に臨む・・・

そりゃ、ケアレスミスもしてしまいます。

なぜなら、本番を意識した練習をしていないから。

 

 

何かスポーツをしている人ならわかると思いますが、

試合が近くなってから練習しても、試合に勝てますか?

テニスでもなんでも、オフシーズンにまったく練習をしていなかったら、

シーズンが始まるころ、体がなまっていませんか?

 

勉強も同じなんですよ。

もしも心に響いたら、次のテストまで

毎日インプットしてみてください。

そして、テスト範囲が発表になったら、アウトプットの練習に切り替えてみてください。

 

次の期末テストは11月。

半年あるので挑戦してみてくださいね!!

 

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!