問題集は解けるようにできている

みなさん、こんばんは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

受験生のみなさんも、テスト対策を早めに始めたみなさんも

問題集をかならず解くと思いますが・・・

あんまり難しいと感じないのではないでしょうか。

 

というのは、

問題集(テキスト・ワーク、呼び方はなんでもいいです(笑)

開くと、まず、その単元のポイントがちょこっと書かれてますよね。

公式であったり、法則であったり、大事なことが。

まずそれを読んで頭に入れてから、

基礎問題

練習問題

応用問題

と、解き進めていきます。

 

そうすると、すらすら解けて、しかもあまりミスもなく

赤い〇が続くそのページを見て・・・

 

あーーー、もうだいじょうぶ♪

 

と安心しますよね。

 

でもいざテストになるとなぜか解けていない・・・

 

 

実はこれ、例えて言うなら・・・

 

補助輪が付いた自転車なんですよね!!

 

最初に「この法則を学習しますよ♪」というヒントがあって、

脳みそもその問題を解くことに慣れた状態で

少しずつ難易度を上げているので、

脳にはストレスがありません。

 

 

でもテストでは、どんな順番で何の問題を解くのか、

脳にはなんの予備知識もありません。

その場で脳を切り替えていかなければなりません。

 

この実践的な練習を積まずにテストに臨む人は・・・

もれなくどハマりしています。

 

どこで実践的な練習をするかというと、

やはり模試です!!

過去問です!!

 

よく、道コンや模試を避ける人がいるのですが、

本番でその悲しい思いをするよりも、

模試で失敗する方がずっといい!!

だって模試なんだから!!

 

今週末にまた受験生の道コンがありますが、

思いっきりぶつかっていこう!!

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!