ハツキタ漬物品評会&小数のかけ算ができるといいこと

みなさん、おはようございます。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

今日はハツキタ商店街の毎年恒例のイベント

漬物品評会の日です♪

毎年、腕自慢のみなさんのすんばらしいお漬物が並びます。

ハツキタ漬物品評会

ピンク色のお漬物

みんな大好き♡
かねしげ鮮魚店さん

 

今日は、お漬物にヒントをもらいました♪

 

「小数のかけ算ができるといいこと」

 

みなさんは、おうちでご飯支度のお手伝いをしていますか?

女の子なら、もう一人でお菓子作りもできるかな?

何かを作るとき、必ずレシピがありますが

お漬物のレシピの難しいところは…

 

大根+キャベツの重さの2.6%の塩

 

など、分量を計算で出すところ!!!

大根も一本一本サイズや重さが違うから、分量が決められないのでこうなります。

 

昔は塩の分量も3%だったらしいのですが、

減塩ブームで現代の人がおいしいと感じる塩の量が

2.6%に落ち着いてきたそうです。

3%ならもうちょっと計算しやすいのにね!!

 

さて、実際に計算してみましょうか。

たとえば、10キログラムのお野菜に対して2.6%の塩を計算しますと・・・

 

10kgは10000g

2.6%は少数に直すと0.026

10000 × 0.026 = 260g

 

260gの塩になります。

 

じゃあ7.5kgのお野菜だったら?

7.5kgは7500g

2.6%は0.026

7500 × 0.026 = 195

195gの塩が必要です。

 

割合と小数のかけ算ができると、お漬物をつけるお手伝いができるようになります♪

 

おうちの方も、お漬物を漬けるときは、ぜひお子さんに計算してもらってください!!

たとえ電卓で計算しちゃった方が早くても(笑)

 

お茶漬けのもとをふりかけてできるそうですよ♪おいしいお漬物でした!!

 

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!