小数なの?分数なの

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

小学校までは算数、中学校からは数学になりますが

小学校と中学校の違いで、マイナスの数を扱うとか、

逆に帯分数は使わないとか、中1のみなさんは今いろいろ常識を書き換えているところですね。

中学校では小数はほとんど使わない。(少数で表せても分数を使うという意味です。)

でも、理科で分数で答えたらばってん×になります(^_^;)

 

数学に関しては、小数で答えなくてはならない問題

例えば、

「ー0.5の絶対値を答えなさい。」

などは、そのまま0.5と答えます。

 

でも、計算など、必ず割り切れるとは限らない場合、

小数で表すと無限に数字が続いてしまいます。

なので、数学では小数を使わず分数で表すことが多いです。

また、小学校の時に大活躍した、計算の時にめんどくさかった

帯分数は、もう中学校では登場しません。

 

 

反対に、理科はデータの世界なので、分数ではなく小数を使います。

そして、小数点以下の位も、必ず問題に合わせないといけません。

 

つまり、問題に「3.5gの食塩が・・・」とあるか、「3.57gの食塩が・・・」とあるかで、

答の桁数が変わってくるのです。

では、なぜ桁数を同じに揃えなくてはならないか?

 

これは次回お話しますね。

 

 

 


札幌市西区発寒の個別学習塾『あすなろ学舎』では、一人一人の「わかる」を「できる」に変えます!