タグ: 勉強方法

テスト範囲出ました!

みなさん、こんばんは!

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

テスト範囲が出ましたね――!!

って、もっと早く投稿したかったのですが、少し遅れてしまいました!!(焦)

みなさん、範囲の確認はすすんでいますか?

 

学校のテスト範囲表を見せてもらったら、

なーんーとー

いつも私がみなさんにお話していることと同じことが書かれていましたよ!

 

「小さな間違いをしやすい範囲は、たくさん問題を解き、ミスを少なくしていきましょう。」

「定規をかならず持ってきましょう」

「学力Cと範囲がかぶっていますので、効率よく勉強しましょう」←中3

 

ほら!!

 

やっぱり大事なことって共通しているんですよ!!

学校の先生もおっしゃるんですよ!!

 

え?

あまりに聞きすぎて慣れちゃってる?

しまったーー

言い過ぎたかーー

 

 

 

 

札幌市西区発寒の塾・あすなろ学舎

 

 

「勉強=難しいことをやる」と思ってない?

みなさん、こんにちは。

札幌市西区発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

あすなろって名前の塾、全国にたくさんあるので、今日は書き出しを変えてみました(笑)

 

さて、タイトル。

みなさんは、勉強しなさいって言われたらどんな気持ちになりますか?

なんか大変、とか、

まあ・・・

いい気分にはなりませんよね!!(笑)

 

で、それって、

勉強する=難しい問題を、うんうん唸りながら解くこと

って思ってないかな?って感じたんです。

とにかく高いハードルを超えることが勉強と思ってるんじゃないかって。

今日はその誤解をときたいと思います!!

 

みなさん、スマホで写真撮りますよね。

その画像データ、いっぱいになったらどうなりますか?

それ以上の写真がとれませんよね?

そうなったら、古いデータを削除して

スペース空けて

それから新しい写真を撮りますね。

 

実は脳みそも同じなんですよ。

脳はとっても優秀な器官なので、新しいことをどんどん吸収したいので

新しい情報を入れる容量が必要です。

そうすると、古くて要らない情報を勝手に自動削除してくれます♪

そして新しいことをどんどん取り込んでくれます。

なんて優秀♪

 

で、あまり使わない情報は勝手に削除(=忘れていく)

そして、削除していいかどうか、いちいち本人に確認しません。

なので、せっかく覚えた漢字も単語も公式も、

よく見るアニメのセリフに空き容量を奪われてしまうのです!!!

 

なので、一度ならって解ける問題でも、漢字でも単語でも

時々その問題が、まだ解けるかどうか、

まだできるかどうかの確認作業をしてください。

そうすると、脳は「あ、これ捨てちゃいけないやつだ」と判断して、

削除しないでいてくれます。

 

前にらくらく解けた問題が、今もらくらく解けるかどうか、

その確認を「勉強」といいます。

勉強とは、できることを、より早く正確に上手にできるようにするための練習なんです。

 

だから、難しくてつらくて大変なことをやらなくちゃ、なんて思わなくていいですよ。

楽々できるかどうかを確認してください。

そして、その「楽々できること」が増えていったら

もっと楽しいよね♪

 

札幌市西区発寒の塾・あすなろ学舎

 

札幌市西区発寒の塾・あすなろ学舎でした♪

史上三番目の難しさ

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

今年3月にあった公立高校入試結果の集計が出ました。

平均点から判断すると、

標準問題と裁量問題に分かれて実施されるようになってから、

今回は史上3番目に難しい入試問題だったようです。

北海道の入試問題は数学・理科が難しくなる傾向にありますが、

いずれも読解力と思考力が試される、良い問題ばかりでした。

(一部理科にマニアックな問題はありましたが・・・)

 

高校入試が年々難しくなっているのは、大学入試改革を見据えて出題されているからとも考えられます。

文章・資料を読む取る力と

それをもとに考え、まとめ上げて表現する力。

これらを、今から身につけていかなくてはなりません。

 

「なんでこうなるの?」という疑問を持って、

「どうやって解くのか」やり方、考え方を身につけてください。

最初はやり方を見ながら(教科書やテキストの例題など)

そしていずれは補助輪を外して、自分の力で漕いで行けるように。

 

日々、練習を積み重ねてくださいね。

夏期講習7月2日スタートです!!

 

山ぎは山の端

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

いま中2のみなさんは、国語で枕草子を学習していますね。

 

混乱しがちな「山ぎは」と「山の端」

どこらへんのことなのかを図にしました。

先日説明したのでこちらにも載せておきますね。

 

山に見えないのはおいといて(笑)

 

 

メイクに興味のある女子ならアイラインをどこに引くか知ってると思うのですが、

アイラインはまつげの生え際(目の際)に引きますね。

目の中には引きませんよね!?

なので、「山ぎは」は山ではないのです~。

 

迷ったら思い出してくださいね~♪

学校ワーク、いまがやりどき!

みなさん、こんばんは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

一学期末テストまで3週間をきりました!!

みなさん、学校ワークはやっていますか?

 

先生にやれって言われてない?

 

先生はやれなんて言いませんよ(笑)

 

ある日突然、「〇日に提出してください」って言うだけです♪

 

言われてから慌ててやっても、ほとんど身に付きません。

先にやり進めていて怒る先生もいません。

もし、授業でみんなでやりたかったのに!!

って言われたら

「勉強したかったんです」って言ってください!

 

今のうちに、学校ワークのすでに習った部分はやり進めて、

わからないところ、復習が必要なところを確認しましょうね♪

 

 

修学旅行

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

今日は塾に通う生徒さんの中学校の修学旅行初日!!

早朝から集合して、今ごろは旅先で研修している頃でしょうか?

いいお天気で良かったです♪

ただ、本州方面は黄砂が飛んできているとの情報もあり、

快適に楽しく過ごしていてくれたらいいなあと切に願います。

 

帰ってきたら、期末テストまで20日を切っていますので、

疲れを取ってすぐに学習に復帰しないとね♪

旅行前の勉強はだいぶ忘れて帰ってくると思うので・・・

戻ってきてから挽回しましょう♪

 

 

言えない単語は書けないし、もっと怖いのは〇〇!

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

すっかり夏のような気温の札幌。

緑がますます美しくなりましたね♪

桜の季節ももまもなく終わりですが、

昨日は滑り込みできれいな桜が見れました♪

 

 

さて、今日は英語のお話です。

 

単語を覚えるときに「言いながら書きましょう」とお伝えしていますが、

なぜそうしなければならないのでしょう?

 

スペルというのは音のとおりにつづられています。

(注:文頭のwや、語尾のeなど、発音されないものもあります。)

言いながら書くことで、音とつづりの関係が身に付きます。←でも、1日にしてならず、ですよ!

言えない単語は、まず書くことができません。

もちろん、言えない書けない単語は読むこともできませんね。

覚える、つまり定着させるために、言って、聞いて、書く。

五感をフルに使います。

そして、新しい言葉として自分の中に取り込みます。

 

これができると、リスニングができるようになります!!

 

え?聞く練習はしていないって?

それがですね、怖いことに、人間

「自分の知らない言葉(音)は、雑音にしか聞こえない」のです!!

 

人間の耳は、自分が言葉として認識している音しか

言葉に聞こえないようになっています。

なので、知らない単語は聞き取れないようになっているんです!!

 

リスニングにがてーーと言っている君は、

聞き取るために、知ってる単語を増やすこと!!

中学校で学ぶ単語の大部分を中1で覚える理由も、これでわかってくれたかな?

 

 

元気ですか?

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

週末、札幌は雪まじりな雨ですんごい寒い日と

カラッといいお天気(でも寒い)という

リラ冷えというのにふさわしいお天気でした。

リラ冷えというのは、春になったのにまた寒くなるという、

この季節をよくあらわした言葉です。

 

この言葉、私にはすんごい思い出深くて・・・

中3の国語の期末テストに、教科書のどこにも書かれてないけど、

「新聞ではよく見かける一般常識」として出題されたんです!!

教科書しか勉強してなかった私はもちろん書けませんで・・・

でも、この答えが書けたのは学年でも一人か二人。

いかに新聞を読んでいないかを思い知らされ、

また一般常識を知らないといけないよ、ということを学ぶのに

十分な衝撃を与えられました(苦笑)。

 

教科書だけが勉強じゃない。

勉強とは世の中を知ることである。

だから、生活すべてが勉強なんですよね。

 

 

さて、そんなリラ冷えの札幌。

季節の変わり目に体調を崩している人も少なくありません。

暑かったり、そうかと思えば寒かったり。

この時期は睡眠をしっかりとって、体調管理をしてくださいね。

 

特に新中1のみなさんは、新しい環境で疲れも出やすいころ。

あとで勉強しよ~と、わからないところをそのままにしないで、

授業の中でしっかり解決するようにしましょう!

 

もし一人で勉強してて、これでいいのかな?

不安だな、と思うときは

あすなろへ来てください♪

学校帰りにまっすぐ来て、その日のうちに解決しちゃいましょう♪

 

 

 

国語は国語だけにあらず

みなさん、こんにちは。

発寒の学習塾・あすなろ学舎です。

 

5月。気持ちのいい季節になりましたね。

修学旅行や宿泊学習のほか、よさこいや北海道神宮祭!

楽しいことが目白押し♪

なかなか・・・勉強も手につかない人もいるのでは?(^_^;)

 

今日は国語の長文問題についてです。

 

国語が苦手・・・と言って避けてる人もいますが、

それ、

すっっっごく損してますよ!!!!!

 

あれは、今の時代に生きるみなさんに読んでおいてほしいもの、

知っていてほしいものが問題に選ばれていることご存知ですか?

 

長文問題も、物語(フィクション)の問題と、説明文(ノンフィクション)の問題がありますね。

 

国語で問題になるのは人の気持ちばかりではありません。

説明文で取り上げる文章のジャンルは、自然科学であったり脳科学であったり、

社会問題や国際文化であったりと多岐にわたっています。

国語の長文問題を通して、理科や社会の側面を学んでいます。

国語だけの問題でなく、理科の知識、社会の知識に結びつけると理解を深められます。

 

また、国語は心情理解が難しいという声をよく聞きますが、じつは問題の中に、

「心も体も大きく変わる成長期に、気持ちの機微を感じ取ってほしい。

いろんな悩みや葛藤を感じることもあるけれど、それは自分ひとりだけではないんだよ。」と

問題を通して考えるきっかけになればという願いが込められていることもあります。

 

問題のふりして込められた、

「みんな素敵な、立派な大人になってほしい」という願い。

どうか、読み取ってください。